【ナイナイアンサー】レンチンショウガ&乳酸キャベツでラクやせ!

11月8日放送の『解決!ナイナイアンサー』で、お肉やお米もちゃんと食べても痩せれる超ラクやせダイエットアンサースペシャルがやってました。

いつも通り芸能人が1週間のダイエットにチャレンジして、見事にお腹周りのサイズダウンに見ていた私も驚愕しました・・・

今回のラクやせアンサーSPを見ればで冬太りなんか全然怖くないですよ♪

激しい運動もしなくてお肉もお米も食べてOK

キッチンで笑顔でOKサインをだしている女性

今回、2週間のラクやせダイエットにチャレンジしたのが、SKE48の『鎌田 菜月』さんと、お笑い芸人ニッチェの『近藤 くみこ』さんの二人です。

ダイエットでつらいのが過度な食事制限や、やりたくないもない激しくてキツイ運動なんかがありますよね。今回のラクやせダイエットはそんなのが一切ない夢のようなダイエット法です♪

正直、キツイ運動ややりすぎた食事制限って続かないですし健康にもあまりよくありません。キレイに痩せることもできませんしね。

じゃあ、どんなダイエット法かすごく気になりますよね?スーパーで必ず売っている、ある2つの食材を食べるだけで立派なダイエットになっちゃうんです。

この2つの食材を食べれば、冬太りも全然怖くないですよ(*^^*)その気になる2つの食材とはいったいなんなのでしょうか?

ラクやせ食材① レンチンショウガ

生姜(ショウガ)

ショウガ研究の第一人者である、食品医学研究所所長・医学博士の『平柳 要』先生にショウガについて詳しく教えていただきました。

緑茶に含まれるカテキンには、主にコレステロールを抑える効果や血糖値の上昇を緩やかにする効果があるのでダイエットに効果があります。

脂肪燃焼効果がありますが、あくまで手助け程度なので飲んだあとは適度な運動が必要になります。つまり、緑茶を飲んだだけでは残念ながら痩せることができないんです。

これに対して、ショウガオールは運動しなくてもエネルギーを消費するので、摂取するだけでダイエット効果があるというのです。

食べることで脂肪燃焼効果があるので、ラクやせ食材の名にピッタリな食材です。ただ、100度以上の高温で調理してしまうと生姜の成分であるショウガオールが消えてしまいます。

最新の研究で分かったことなんだそうですが、もっともベストな加熱法というのがレンジで3~4分チンするのがいいそうです。

500Wのレンジで約4分チン。750Wのレンジで約3分チンすることで、ダイエット効果が期待できるカテキンが緑茶の33倍も増えるんですって♪

ここで気を付けてほしいのが、そのままチンしてしまうと焦げてしまう可能性があるので、ショウガが浸るくらいの水を加えて加熱することで焦げなくなります。

あとは、冷奴の薬味にしたり、豚の生姜焼きなんかにももちろんあいますよね。豚に火がとおったあと後に火を止めて最後ににふりかけるだけでOKです。

鎌田さんは定番の豚の生姜焼きや生姜入りつくね鍋にしたり、近藤さんは豚汁に入れて飲んだりしてました。中でもこれは寒い冬なんか外で飲みたいなぁと思ったのがショウガココアです。

コップ1杯のココアに小さじ1杯のレンチンショウガを入れて混ぜるだけのホット生姜ココアです。ココアに含まれるカカオポリフェノールには、血管拡張効果があるそうです。

ショウガオール・ココアポリフェノール、それぞれ単体で摂取するより同時に摂取することで血流促進効果はなんと約3倍にまで上がるので基礎代謝をアップさせ、ダイエット効果が期待できます。

ラクやせ食材② 乳酸キャベツ

キャベツ

女性の方で便秘で、便秘で悩まれてる方って多いと思います。体重が増えるのも便を出してないだけではなく、腸の代謝が鈍ってしまうので代謝が落ち、太りやすくなってしまったり、栄養の吸収が悪くなるので肌荒れの原因にも繋がります。

じゃあ、乳酸菌たっぷりのヨーグルトやチーズを摂ればいいんじゃないの?って思いそうなのですが、以外にもこれが落とし穴なんだそうです。

東京農業大学の『前橋 健二』教授が仰ってたのですが、乳酸菌にはいろんな種類があって、大きく分けると乳製品に含まれる「動物性乳酸菌」と発酵した野菜に含まれる「植物性乳酸菌」の2種類があるそうです。

前橋教授によると、ヨーグルトやチーズの乳酸菌は動物性の乳酸菌がほとんどで、動物性の乳酸菌は胃酸や熱に弱いので生きたまま腸に届くことがほとんどないそうなのです。

今回の新ラクやせ食材の乳酸キャベツは、胃酸や熱にも強いので生きたまま腸に届くありがたい食材なのです。乳酸キャベツ?って聞いたことな~い・・・そうですよね、私もです(笑)

どんなものか簡単に言うと、キャベツのお漬物です。発酵したキャベツは植物生乳酸菌を含んでいるので、食べることで腸内環境を整えることができ、ダイエットしても痩せやすい体質になるそうです。

植物生乳酸菌+キャベツに含まれる食物繊維を同時に摂ることができるので、より効果が期待できます。食物繊維は体内の水分を吸収し、数倍~数十倍に膨張することで腸を刺激して便通を促します。

便秘が解消されると腸の働きが良くなるので、代謝が上がり痩せやすくなるという訳です。さらに、消化吸収が良くなり美肌効果も期待できちゃうそうです。

乳酸キャベツの作り方
● 乳酸キャベツの作り方

1. 水で洗ったキャベツを千切りにする

2. 切った半分を密封袋入れ塩(小さじ2)を振りかける

3. 残りの半分も同じ密封袋に入れ塩(小さじ2)砂糖(小さじ1/2)を加えよく揉む

4. 密封袋に入っているキャベツの上にペットボトルなどで3日程度常温で重しをすれば完成

3日経ったらキレイなビンなどに入れて、冷蔵庫に保存してもOK。保存期間は約1ヶ月大丈夫だそうですが、1ヶ月以内に酸味がでたり発酵臭がしたら新しい清潔なビンに入れて保存してくださいね♪

食べるときは、普通のキャベツを食べる感じでガッツリ食べても大丈夫です。気になる味は、野菜や漬物が苦手なんだけど、これはめっちゃおいしいですってスタジオ内で食べてたぺえさんが言ってました。

普通の生キャベツ食べるより食べやすいらしいですよ。野菜嫌いな方もチャレンジしれみてはいかがでしょうか?

ラクやせエクササイズ

上記で紹介したものでも十分に痩せることが可能なのですが、もっともっとキレイに健康的に痩せたい方のためにエクササイズもご紹介しておきます。

ソリデンテ南青山・理学療法士『藤田 英里』先生が、関連書籍が累計63万部以上も売れている、ミオドレ式つまむだけエクササイズを教えてくれました。

ミオドレ式つまむだけエクササイズのやり方

● 二の腕のエクササイズ

肘のところから脇まで皮膚の奥にある脂肪を押し潰すイメージでつまむ(1日5分~10分)

● お腹周りエクササイズ

表面だけをつまむのではなく、腸の周りについている脂肪を押しつぶすようなイメージでつまむ(1日5分~10分)

二の腕やお腹周りについている脂肪の正体は、脂肪などが凝り固まったセルライトだったんですね。このセルライトは外からの刺激で小さくなる性質があるので、押しつぶすイメージでつまむと非常に効果的です。

つまんだときに、あ、ちょっと痛い・・・というくらいまでつまんであげることでドンドンセルライトが小さくなって気になる部分が細くなっていきます。

腰をひねるだけエクササイズ

1日100秒腰を左右にキュッキュッひねるだけの簡単アクササイズを教えてくれたのは首都大学東京理学療法士・医学博士『竹井 仁』教授です。

ひねるだけエクササイズのやり方

● ひねるだけエクササイズのやり方

腰を右にひねり5秒止めたら、同じように左も5秒止める(1日10セット)

このエクササイズのポイントは、1が上半身、2が腰、3がももから下の3つのブロックとして考えたとき、2の腰だけをひねるイメージです。

左右にひねるときは、フーっと息を吐きながら頭の中で5秒数えるのがいいと思います。けっこう簡単で単純な動作なのですが、身体がポカポカになって汗がじんわりでてきます。

1週間のダイエット結果!!

ニッチェの近藤さんと、SKEの鎌田さんのたった1週間のラクやせ食材とラクやせエクササイズの結果発表ですが、スタジオ内がどよめくほどの驚きの声で痩せた本人も涙目に(”Д”)

たった1週間ですからね!たった7日間でこんなに痩せられるの?こんなにもウエスト細くなるのっていうぐらい、すぐにでも実践したくなるほどの痩せっぷりです。

ダイエット食材と簡単なエクササイズで、スッキリスリムになった2人を見て驚いてください!

近藤くみこさんのダイエット結果

●体重  68.5kg ⇒ 66.1kg = -2.4kg

●ウエスト  100.8cm ⇒ 89.5cm = -10.5cm

ダイエットする前は代謝がわるくて運動しても汗がほとんどでなかったそうですが、レンチンショウガを食べてから5分経たないうちに汗がダラダラかくようになったそうです。

それにしても、たった1週間でお腹周り-10.5cmも細くなったのはすごいですよね~。冬で体重増加してしまう方は、レンチンショウガを食べて代謝を上げ続けましょうね^^

鎌田菜月さんのダイエット結果

●体重  55.0kg ⇒ 51.1kg = -3.9kg

●ウエスト  74.0cm ⇒ 66.0cm = -8.0cm

鎌田さんはパっと見細くて痩せなくていいじゃんって思てたのですが、本人はわき腹ついた贅肉が気になていたそうなのです。

1週間のダイエット後の写真と比べると、ちょっとたるんでいたわき腹のお肉がなくなってたった7日間でここまでスリムになれるのかというぐらい全体的にスってなってました。

今はスリムだけど昔太っていました美女

今はスリムで痩せたいと思っている女性から見ると憧れの体型をしているんだけど、昔は超ビックリするくらい太っていた有名タレントのお二人です。

1人は、1日5食で16歳の時に体重60kgを超えていて、女の子なのにあだ名はブタゴリラの元グラビアアイドルの熊田曜子さん。

もう1人は、学校の生き返りだけで4食も食べていた有名ファッション誌の元専属モデルの西山茉希さんのお二方です。

今では考えられないほど細くてスリムな体型をしているのに、昔は太っていてあることをキッカケに痩せれるようになったんです。

そのあることとは努力なしではできないことだったんです。そんな2人の学生時代のダイエットエピソードをご覧になってください。

1日5食も食べていた熊田曜子さんのあだ名はブタゴリラだった

熊田曜子さんって結婚しててもナイスバディーですよね~とても二児の母には思えないほどのクビレを持っています。

そんな熊田さんですが、学生時代はけっこうなぽっちゃりさんだったんです。今の体型を考えると想像もつきませんよね?

高校時代はテニス部に所属していて、毎朝1時間と放課後にみっちり3時間練習に明け暮れてたそうです。じゃなんで太ったの?全然運動不足じゃないじゃんって思いますよね。

朝レンが終ると持ってきたお弁当をさっそく早弁。授業中は、エンピツを持ってるような感じでお菓子のポッキーかトッポを先生が黒板に向いたときにパクリ(何箱も)

昼食は給食のおばちゃんのところへダッシュで走っていき、購買の食パン一斤をパクリ。家に帰って夕食を食べた後は、ファミリーパックのアイスを一人で全て完食。

当時16歳で体重はすでに60kgを超えていて、テニスの練習中に同級生から大きな声で「オ~イ、ブタゴリラー」って言われてすごくショックで悲しかったそうです(涙)

そんな熊田さんの体型を変えるキッカケが、1学年上の運動もできていつも女の子からモテモテの先輩に憧れたのが最初だったそうです。

そのカッコイイ先輩というのは、なんと俳優の『綾野 剛』さんだそうです。自分と比べると天と地ほどの違いで、雲の上のような存在だったそうで、彼女はこれではいけないと思いダイエットを強く決意したそうです。

熊田曜子さんはセルフマッサージで痩せた

若い女性が顔を両手でマッサージしている

太っていたころに流行っていたダイエット法や番組の企画でも痩せるためにがんばった熊田さんですが、月1ペースで体調を壊してダイエット所ではなくなったそうです。

とりあえず病気になってばかりでは意味がないので、健康のために自分でマッサージをやっていたそうです。え?マッサージで減量できるの?って思いそうですよね。

彼女がやっていたマッサージ法は、朝起きて顔を10分。首回りのデコルテを10分。足の太いのが気になっていたのでひざ下ともも左右を5分ずつ。

夜寝る前も、顔と首回りを10分ずつ。これを熊田さんの場合、3~4年毎日欠かさずマッサージしていたそうです。努力がすごいですよね^^

リンパマッサージをすることでダイエット効果だけではなく、女性の方に多く見られる冷え性やむくみの解消にもなります。

お金もかからないし自分でできるのでこれはいいですよね♪でも、なんだか飽きちゃいそうなので、私は続けられる自身がないかも(^▽^;)

1日の摂取カロリーが力士並みだった西山茉希さん

人気ファッション誌「CanCan」の専属モデルで若い女性からカリスマ的存在だった『西山 茉希』さんが、14歳当時の摂取カロリーが力士並みの6,700kcalだったって信じられますか?

茉希ちゃんも熊田さんと同じように学生時代から食欲旺盛で、中学校の給食の時に残ってしまった食べ物があったら給食バケツごと茉希ちゃんの机の上に置かれたそうです。

それでもお腹いっぱいになったことはなかった茉希ちゃんの底なしの食欲ですが、給食を食べた後でも給食室まで行き学校中の余った食べ物をもらいにいったほど暴走する食欲が止められなかったって言ってました。

彼女の給食愛はハンパなく、クラスの子からその日や明日の給食の献立なにって言われても即効で答えるくらい給食に対する思いはすごかったそうです。

いつしかその食いしん坊キャラは学校中に知れ渡り、給食中の校内放送で「3年1組の西山さん今日もたくさんたべてますか?」と、恥ずかしい思いをしたことも。

高校生になったころ太り具合もピークになっているにも関わらず、学校に着いて朝からお弁当とおにぎり数個を早弁。

お昼ご飯は購買で買った大量のおにぎりとパンをすべて食べるなど、学校の生き返りだけで4食も平らげて帰宅後の夕飯はご飯のおかわりは当たり前で、多いときは4杯もおかわりしていたそうですΣ(゚Д゚)

それだけでは満足いかず、フライパンにマヨネーズをグルリと円を描くように油代わりに敷いて、ご飯とシーチキンを混ぜ合わせて最後に上からまたマヨネーズをかけた、茉希ちゃん考案のツナマヨネーズチャーハンを夜食で食べてたそうです。

こんな彼女もとうとうダイエットを決意することになります。男女ペアになる体育祭のダンスの見せ場で、男子が女子をお姫様抱っこみたいに持ち上げる練習をすることに。

周りの男子たちはほかの女子たちとペアになっているのに、自分のところには一緒にペアになろうと誰一人寄ってこなかったのがショックだったそうです。

それでも先生が、お前コイツとペアになってやれとある男子に言ったときに明らかに嫌そうな顔を見て、そこで初めて自分の体型に嫌気がさしてダイエットを決意したそうです。

西山茉希さんはラップを身体中に巻いて走って痩せた

サランラップ

サランラップダイエットなんて痩せないっていうことをよく聞きますが、茉希ちゃんはこれで5kg体重を落したそうです。

ラップを巻くとけっこう身体が熱くなって、発汗作用がハンパないです。彼女の場合ラップを巻いた状態で外へランニングしていたそうです。

でも、お肌が弱い人がラップを巻いて運動して汗をかくと、あせもや湿疹でものすごくかゆくなって大変な目にあう方もいますので、お肌が敏感な方はやめておいたほうがいいかもです。

まとめ

今回のナイナイアンサーダイエットスペシャルでしたがいかがだったでしょうか?ラクやせ食材試してみようって思われたと思います♪

乳酸キャベツはまだ食べてないですが、レンチンショウガをお鍋を食べるときにつけだれの器の中に入れて食べたら身体がすごくポカポカになって汗がでるほど温まりました^^

ミオドレ式つまむだけエクササイズや、ひねるだけエクササイズのやり方は簡単ですし、家でもどこでもできちゃいますよね♪詳しく知りたい方は関連書籍本を検索してみてください。

それでは今回は以上になります。ここまでご覧いただきありがとうございました。

シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ