いつまでも綺麗に若々しく!老化を防ぐ3つのポイントとは?

2015年12月3日放送分のフジテレビ系『バイキング』の「ひるたつ」で、ホルモンバランスを整えて綺麗に痩せるを提唱する、ホルモン治療の第一人者でオルソクリニック銀座医院長の『藤森 徹也』先生が詳しく教えてくれました。

なんとこの先生は、ハーバード大学院をでたんですって、すごいですね~よくわかりませんが(笑)なんでも藤森先生いわく、男女ともに40代になるとダイエットをしても痩せにくくなるとのことです。それには、老化を防ぐ3つのポイントがあるそうです。

キレイにやせなきゃ意味がない!老化を防ぐ3大ポイント

ただ痩せるだけでは意味がないというか、どうせなら綺麗に痩せましょってことで大事な3ポイントを教えてくださいました。

キレイに痩せなきゃ意味がない!老化を防ぐ3つのポイント

若返りホルモンであるDHEA、女性にはとっても大事なアミノ酸、メタボを改善してくれるビタミンD3の3つですね。この3つの栄養素をしっかり摂ることで、キレイにダイエットできて若々しい体になれるという栄養素です。

それでは、1つ1つ紹介していきますね。

若返りホルモンDHEA

DHEAは簡単にいうと、男性ホルモンと女性ホルモンのもとになるものだそうです。どんな働きがあるのかというと、老化を食い止めてくれるんですって!この言葉・・好きな言葉です(笑)

DHEAは傷つく細胞ガードしてくれる

でですね、40代になるとDHEAの数値は20代の約半分にまで下がるそうです。このDHEAが少なくなると、体がさびついちゃうそうです。さびつくというのは、細胞が傷つくということなんですね。

それが蓄積されて老化ということが起こってしまうということなんです。このDHEAが、体の中に十分にあることで体の細胞の傷つきを抑えてくれるそうです。

で、この若返りホルモンであるDHEAを作るのに必要な栄養素が「ビタミンB6」と「マグネシウム」なんです。

若返りホルモンであるDHEAを作るのに必要な栄養素が「ビタミンB6」と「マグネシウム」

この2つの栄養素を含んでいる食品はなにかというと・・・「ビタミンB6=マグロ・カツオ・サケ」「マグネシウム=アーモンド・するめ・カシューナッツ」です。

若返りホルモンであるDHEAを作るのに必要な栄養素が「ビタミンB6=マグロ・カツオ・サケ」と「マグネシウム=アーモンド・カツオ・カシューナッツ」

でも、これらを毎日食べるのってムリじゃない?って思っちゃいますよね?そこで、スーパーフードの『ヘンプシード』っていうものなんです。このヘンプシードには、先ほども述べた「ビタミンB6」と「マグネシウム」が豊富にあるそうです。

ちなみにですがヘンプシードは、自然商品を扱うお店や通信販売でも買えるそうなので1度チェックしてみてはいかがでしょうか。

アミノ酸

筋肉量が増えると、代謝が上がって痩せやすい体質になると痩せやすい体質にする!基礎代謝を上げる5つの方法で述べました。で、アミノ酸は筋肉量を増やしてくれることにより、代謝が上がり脂肪を燃焼効果があります。

このアミノ酸が不足してしまうと、女性にとってどんな恐ろしいことがあると思いますか?それはですね、胸からしぼんでしまうそうです・・・恐ろしいです(≧◇≦)

藤森先生がおっしゃるには、結果を早く求めてしまうようなダイエットってありますよね?○○抜きダイエットとか○○制限ダイエットとかですね。

若返りホルモンであるDHEAを作るのに必要な栄養素が女性にとってアミノ酸が不足すると胸からしぼむ

あーいう極端なダイエットをすると、アミノ酸だけではなくいろんな栄養の不足に陥ってしまうわけですね。で、アミノ酸は筋肉を構成するのに大事な役割を担っているので、これが不足してしまうと胸を支えている大胸筋が減ることで胸がしぼんでしまうというわけです。

それプラス、極端なダイエットをやっていると栄養が足りないわけですから、ホルモンバランスが乱れ乳腺や脂肪が委縮して小さくしぼんだ状態になってしまうそうです。

極端なダイエットで栄養不足になると、乳腺や脂肪が委縮して小さい胸になってしまう

アミノ酸をしっかり摂って、運動もすることにより胸も大きくなるそうです。そこで、藤森先生が教えてくださったアミノ酸優秀食材が『卵』です。

卵には、人間の身体では作ることのできない必須アミノ酸がすべて含まれているそうです。私も大好きなんでよく食べるんですが、これにもやってはいけない摂り方があって、毎日食べてはいけないんですって。

アミノ酸最強食材の卵

卵を食べると、体内でごくわずかなアレルギー反応が起こり、上限を超えてしまうと卵アレルギーになっちゃうそうなんです。皆がみんなそうなるのかといったら難しいのですが、体質は人それぞれ違うのでアレルギーになりやすい人なりにくい人がいます。

で、卵アレルギーの症状はどんなものかというと、「肩こり」「頭痛」「体重増加」です。どんな食べ方がいいのかというと、卵を食べた次の日は食べない日をもうけたほうがいいそうです。

卵の食べる日と食べない日

お酒の休肝日と一緒で、卵の休卵日も必要だと藤森先生がおっしゃるんですね。卵を毎日食べていて、肩こりや頭痛、体重の増加が気になっている人は卵アレルギーの可能性も否定できないので、卵を食べた次の日は食べないようにしてみるのもいいかもですね。

ビタミンD3

最後にビタミンD3ですが、どんな働きがあるのかというと内臓脂肪を減らしてくれる効果があるんですね。更年期近くなると、ホルモンバランスが乱れて、内臓脂肪がどんどんつきやすくなります。脂肪細胞には、自滅ボタンみたいなのがあるそうなんですが、そのボタンをビタミンD3がポチっと押してくれるんですって(*‘ω‘ *)

ビタミンD3が脂肪細胞の自滅ボタンを押してくれる

なので、ビタミンD3が少ないと『メタボ』の原因になってしまいます。それだったら、ビタミンD3を含むものを食べればいいということでランキング形式で紹介してくれました。

ビタミンD3を多く含む食材ベスト5

これを見た坂上忍さんが、しらすとかいわしとかかわはぎは分かるけど、すじことかあんきもは逆に脂肪がつきそうみたいなこといってたのですが、私もそう思ったんですよ。食材としては、あんきもがビタミンD3が多いですけどコレステロールが多いんですよね。

でもですね、食べ物からだけ摂れないとかではないそうで、ほかにもビタミンD3を取り入れることができるそうです。なんだと思いますか?それはですね、日光を浴びることなんだそうです。

日光に当たることでビタミンD3を作ることができる

日光を浴びることで、皮膚の表面でビタミンD3を生成できるそうです。どれだけ浴びれば良いのかというと、夏場の場合半そで半パンで30分ぐらいでOK。日焼け止めは塗っちゃだめだそうです。無理ですよねそんなの~日焼け嫌ですし(笑)

それだったら、さっき紹介された食材で料理を作ったりするほうが良くないですか?

まとめ

キレイに痩せなきゃ意味がない!老化を防ぐ3つのポイントですがいかがでしたでしょうか?3つのポイントの中でも、若返りホルモンであるDHEAが1番気になったのではないでしょうか?

DHEAが豊富に含まれているのを上の方でも述べましたが、マグロ・カツオ・サケ・アーモンド・カツオ・カシューナッツですね。正直、毎日摂るのは難しいですよね。

そこで、いつでもどこでもササッと取り出して食べられるのがヘンプシードなんですよ。サラダに振りかけてもいいですし、ご飯にもいいかもです。

ゲストの薬丸さんもヘンプシードを食べてるそうで、納豆とめっちゃ合う!って言ってましたよ。食べる量なんですが、藤森先生が番組内でできるだけ多くって言ってたのですが、できるだけ多くって・・・どれだけなの?・・・って思いましたが、毎日食べていたら適量が分かるとのことです。

ヘンプシードはナッツ系なので、食べていて気持ち悪くなる手前が適量だということだそうです。私も1度、ヘンプシードを買ってまたレビューしたいと思います。

シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ