メモを取るだけで痩せる!レコーディングダイエット法

1年間で50キロのダイエットに成功した、【いつまでもデブと思うなよ】の著者「岡田斗司夫」さんが実際に実践して、どのような方法で痩せたかを詳しく体験談風に解説してくれています。

ほとんどの、ダイエットメソッドを提唱している商品や本やDVDでは、制限や我慢などをし、理想としているボディーをてにいれよう、っていうフレーズをよく聞いたりしますよね?

彼の本を読んでいると、ダイエットをするのにつらいとか苦しいとかガマンなどあり得ないと言っているのが凄く共感してしまいました。

なんで共感を持ったかというと、例えばどこでもいいんですが旅行に行ったときに寝泊まり先が目的じゃないと思うんですね。

それまでの道のりがワクワクして楽しいし、普段見ることができないものが見れたりするので、少々長い道のりでもガマンしなきゃって思わないと思うんですね。

「あ~行くのめんどうだなぁ」なんて絶対思うわけないんです。

ダイエットも同じで、本来自分がやっていて楽しくない減量方法は続かないですしリバウンドする可能性も高いので、我慢ばかりで体重を減らすことは肉体的にも精神的にもキツイものになってきます。

もちろん、旅行と違いダイエットのほうが目的までに時間がかかると思います。

痩せるまでの道のりが辛いかもしれませんが、目標としている体重になれた時に達成感となって、今までのがんばり全てが良い思い出に変わるはずなんですよ。

岡田斗司さんが実践したレコーディングダイエットは、お金がかかるようなことも、激しい運動やダイエットフードばかり食べ続けたから1年で50キロも痩せたわけではなく、なんで痩せたかというと「楽しく続けられたから」なんですね。

前置きが長くなったのでこの辺え終わりにします。

次からは、レコーディングダイエットのやり方や解説を紹介していきます。

レコーディングダイエットは飛行機が飛ぶまでの段階

飛行機が飛ぶまでってなんだかおもしろいんですが、そういう考えでダイエットに取り組んでいたら今自分はどの段階にいるという考えができるので不安になりにくいです。

  1. 助走

    この段階では食事制限なしにいつも通り好きなものを食べて好きなものを飲むことを心がけ、ポテチ1枚からじゃがりこ1本ペプシ1口までとにかくその日口にしたものを全て時間とともに記録します。

    メモ帳とペン

    朝・昼・晩、食べたらメモるを癖づけにすることが重要で、ガマンは一切しなくてOKというかしないでください^^

    そして、体重もメモしときます。

    可能であれば、朝トイレに行った後の1日のなかでもっとも体重が軽いときと晩ごはん後の体重が1番重たいときの体重もメモします。

    できたら、体脂肪もメモしてくださいね

    決して、朝に計らなければいけないわけではないので、自分が朝この時間になら体重を計ってメモできるっていう気持ちで良いので記録していきましょう。

    そうして1日食べたものを記録して見てみると、自分が口にしたものと体重が浮き彫りになるわけですからこれを控えたらこれだけ減量できるという感じで、痩せている自分を強くイメージを持つことができます。

    面倒だなぁと思われるかもしれませんが、「口にしたもの」「口にした時間」「体重を」記録していきましょうね。

    また、どうやればカロリーを減らせるかも考えつつ記録していきますが、我慢はしないでください。

  2. 離陸

    さあいよいよ飛び立つところまできましたよ!

    ここでは、今まで通り体重体脂肪と新たに食べたものの「カロリー」の計算をします。

    普通にコンビニで売られている菓子パンやお弁当には、きちんとカロリーの表示がされていますがマクドナルドやケンタッキーには表示されていないのです。

    その場合は、ネットで調べることができますので、できれば食べているときにでもスマホで調べてみてくださいね。

  3. 上昇

    飛び立ったら次は上に高く上がりましょう^^

    ここで体重がどんどん減っていくとおもいます。

    1日の摂取カロリーを算出するため、自動的に計算してくれる「うるおいドットネット」を利用しましょう。

    性別・年齢・身長・体重を設定します。その範囲内ならなにを食べてもOKですし、もっと満足したいなら料理にも工夫してみて算出された範囲内の酵素をたくさん含む料理をおすすめします。

    あと、水分をしっかりとることで、新陳代謝アップにつながるので水を飲むことを心がけてくださいね^^

  4. 巡航

    高く上昇した後は、無理ににパワーを使わないように効率よく飛行できる巡航段階に入ります。

    安定した毎日算出カロリー内で抑えるのが難なくできるようになってきたら、「飢餓感と不安」が襲ってくる「停滞期」でもあります。

    今までは割と毎日少しづつでも体重が落ちていたのが、全く落ちなくなったわけでもないけど減少ペースが落ちただけで精神的が不安定になります。

    日に日に痩せていくので、身体が生命の危機を感じてしまい体重が減少しないようになってしまうんですね。

    でも、これは1~2週間ぐらい耐えればまた自分の思うように体重がまた減少していくと思います。

    ここが1番辛い段階ですが、ここを乗り切ることであなたが理想としているボディーを手に入れたも同然です。

  5. 再加速

    巡航段階での停滞期が過ぎると、あなたは周りから分かるくらい痩せた体系になっていると思います

    今まで食べたくて仕方なかったものが、普通になってくるというか我慢の必要もなくなると思います。

    そうなってくると再加速に入っている段階です。

    ここでは、食事をする前にどれぐらいお腹が空いているのか、食後はお腹がいっぱいかまだ入るかを書きましょう。

    理想は、ちょっと足りないくらいで食事を終えるようにしましょう。

    満腹は遅れてやってくるので、数分後にはちょうどいい感じになってくると思います。

  6. 軌動到達

    ここまでくれば、今までやっていたメモを取るのをやめる、すなわちレコーディングをやめる段階です。

    体重と体脂肪があるべき数値で安定し、あなたが大好きなものを食べても体重に変化がなく体系維持できるようになってきます

    ドカ食いしてしまったときでも、2~3日で体重が戻りリバウンド知らずの美ボディーを手に入れているはずです。

  7. 月面着陸

    自分の体重が、なん10キロも痩せて軽くなったので月に行ったような感覚だと岡田斗司夫さんが仰っています。

    正直、2キロや3キロ減量したくらいではこの表現は理解できないと思いますよ。

    いちいちメモを取るのがめんどうにだなぁと思いますが、毎日やると週間化すると思いますので口に入れたらメモを取るを癖づけしましょう^^

    以上でレコーディングダイエット法の解説を終わりにしたいと思います。

    ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

La Muse 体組成計 BC-800 (タニタ)

シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ