甘くておいしいのに痩せる!美容や健康にもココアが良い理由

突然ですが、ココア好きですか?おいしいですよね~あったかくても~冷たくても。あの甘いココアがダイエットに効果があると聞いたらビックリしませんか?

それだけではなく、美容や健康もちろん、メリットだらけだったんですよココアって。私、コーヒー派なのっていう声が聞こえてきそうですが・・・コーヒーも実は体に良いんですけどね(;^ω^)

まぁでも、詳しーくご説明しますので見ていただければと思います。これを見たら、さっそく明日にはココアを買いにいくと思いますよ。

ココアダイエットってなに?

ホットココアとスプーン

ココアを飲むとリラックスしますよね、それだけではなくダイエット効果もあるんですよ。なぜ、ココアを飲むとダイエットができるのでしょうか?その理由は、ココアに含まれている成分にあります。

ココアに含まれている有効成分には、よく知られている「カカオ・ポリフェノール」と「リグニン」があります。それでは、これらの成分を詳しく紹介していきますね。

カカオ・ポリフェノールとは、ココアの苦み成分のことですが、代謝を高める作用があるほかに体内への脂肪の蓄積をおさえる効果もあるんですね。また、リグニンは食物繊維の一種ですが、水に溶けにくい性質を持っている不溶性食物繊維です。

不溶性食物繊維を摂取することでデトックス効果が高まります。また、リグニンはポリフェノールの一種でもあることから腸内の善玉菌を増やす効果があるので、腸内環境は改善されます。

リグニンは、不溶性食物繊維とポリフェノールの性質を兼ね合わせているので、身体の内側からダイエットを行うことができます。
また、ココアダイエットは、身体の内側に作用してゆっくりとダイエット効果が現れる方法なので、即効性は期待できません。じっくりと取り組み、徐々に太りにくい体質へと変化させていきましょう。

ココアダイエットのやり方を教えて!

細身の女性のウェスト

ココアダイエットのやり方はとても簡単で、朝と晩にココアを飲むだけでOKですよ。ココアには何も入れずに飲んでもOKですが、薄く感じたり、甘みが欲しいと感じたりと、なんだか物足りないなぁってときありますよね?

そんなときには、はちみつやてんさい糖、黒砂糖やオリゴ糖などを足して飲んでもOKです。ただし、砂糖を足すのはNGですからね。砂糖の成分は約97%がスクロース(ショ糖)ですが、スクロースは体内に素早く吸収されるので血糖値を急激に上げてしまいます。

また、カロリーが高めでスクロースはダイエットには不向きだからなんですね。砂糖以外のはちみつやてんさい糖、黒砂糖にはビタミンやミネラルが含まれていますし、オリゴ糖は腸内環境を整える働きがあるんですよ。

これらの糖類は、甘みがある上に身体に優しい栄養素が含まれているので、ココアを飲むときに加えると良いです。そのほかですと、豆乳を入れるのもおすすめですね。

豆乳には「豆乳イソフラボン」が含まれていますが、豆乳イソフラボンは美肌効果も高く、化粧水にも使用されていることからココアに豆乳を入れることでダイエット効果はもちろんのこと、美肌効果も期待できます

ココアをおいしく飲んで、楽しくダイエットに取り組んでみませんか?

美容効果はどうなのよ?

綺麗な若い女性が笑顔で、右頬を右手で振れる

寒い冬に飲みたい温かいココアですが、美容にも良い飲み物なのですよ。その秘密は、ココアに含まれる「カカオ・ポリフェノール」にあります。美容の大敵は活性酸素ですが、活性酸素はストレスや紫外線や喫煙などで増えてしまいます。

体内に活性酸素が増えてしまうと、肌や身体にダメージが加わるので肌荒れの原因となってしまいます。ですが、カカオ・ポリフェノールは「抗酸化作用」といって、簡単にいうと身体のサビ付きを防止する働きがあります。

身体のサビ付きとは身体の老化を意味するので、抗酸化作用で老化が防げちゃうんですよ。もちろん、肌の老化も防げるのでシワやたるみを予防することができます。そして、身体の中に活性酸素が少なくなれば、紫外線によるお肌のダメージを軽くすることができます。

さらにカカオ・ポリフェノールはストレスホルモンを少なくする効果や、血圧を下げる効果、さらには動脈硬化を防ぐ効果もあるので、肌の若さを保つことはもちろんのこと身体の内側から若さを保つことができるんです。

ココアは、カカオ・ポリフェノールという美容に最適な成分が含まれています。毎日飲む習慣をつけてみてはいかがでしょうか?

風邪やインフルエンザの予防にもなるの?

マスクをはずす若くて綺麗な女性

ココアは風邪やインフルエンザを予防する効果もあるって知ってましたか?風邪を引いてしまう原因を簡単に説明すると、免疫力が低下しているからです。つまり、免疫力を高めれば風邪やインフルエンザを予防することができるんですが、免疫力を高めるにはココアに含まれるポリフェノールが有効ですよ。

さらに、ココアを飲むことで「NK活性」が高まります。NK活性についてはガン予防にもなる酵素のすごいチカラとはでもお話ししました通り「ナチュラルキラー細胞」のことですが、NK活性とはナチュラルキラー細胞の活性力を表し言い換えれば免疫力が高くなることを表しています。

NK細胞が活性化していると、ウイルスに対する抵抗力が高くなるので、風邪やインフルエンザにかかりにくくなるんですね。そのほかにも、温かいココアを飲んで身体を温めるだけでも立派な風邪の予防になります。

ウイルス類は熱さに弱い特性を持っています。身体の調子が悪くなると熱が出ますがそれは、身体の中を熱くしてウイルスの働きを弱めるためなんです。寒い冬は温かいココアを飲んで、風邪を引かないように過ごしましょう。

体臭予防にもなっちゃうの?

ワイシャツの臭いがとれて笑顔でOKサインをする女性

ココアは、身体にとって有益となる成分がたくさん含まれていて、ダイエットはもちろん風邪を引きにくくする成分が含まれているのは上述しましたね。しかも、ココアには体臭を予防する成分も含まれているんです。その成分とは「リグニン」です。

リグニンとは、水に溶けにくい食物繊維である不溶性食物繊維の一種です。また、乾燥させた木材のうちリグニンが約3割を占めることから「木質素」とも呼ばれています。

そして、リグニンはポリフェノールの一種であることから腸内の善玉菌を増やす効果があります。腸内の善玉菌が増えればデトックス効果も高まりますが、それによって体内の老廃物は排出されます。

体臭の原因の一つに、腸内環境が乱れていることと老廃物がたまっていることが上げられます。野菜など食物繊維を多く含む食品を食べたり、善玉菌を多く含む食品を食べれば腸内環境は徐々に改善されていきます。

しかし、現代の食生活は甘い物や脂っこい物を食べる機会が多く、野菜など食物繊維を含む食品をあまり食べなくなっているのが現実なんですね。つまり、リグニンを含むココアを飲むことで、腸内環境が改善されて体臭が予防されていくんですね。

体臭予防効果もありますが、食物繊維を多く含む食品を食べるとさらに効果が高くなりますよ。

動脈硬化の予防にもなるの?

血圧測定器

ココアにはポリフェノールや食物繊維など多くの成分が含まれていますが、有効な成分が含まれていることから動脈硬化を予防する効果も期待されています。動脈硬化は一言でいえば動脈が硬くなることで、血液の流れがとどこおりがちになり心臓に負担がかかりやすくなります。

そのため、高血圧の原因にもなってしまいます。動脈が硬くなる原因は悪玉コレステロール(LDL)ですが、LDLの中でも酸化が進んでいる「酸化LDL」が動脈硬化の大きな原因となっています。つまり、LDLの発生を防いで尚且つ酸化を防げれば動脈硬化は予防できることになります。

ココアには食物繊維とカカオ・ポリフェノールが含まれています。食物繊維を摂取するとLDLを減らす効果があり、しかも、善玉のコレステロールを増やしてくれちゃうんですよ。また、カカオ・ポリフェノールには酸化を防ぐ効果があるので、LDLが酸化して酸化LDLおとなってしまうのを防ぐことができるんです。

さらに、カカオ・ポリフェノールを摂取することで、血液の流れが改善されるので血流はとどこおることなくスムーズに流れるようになります。そうすると、動脈硬化はもちろん生活習慣病が改善されることになります。ココアを毎日飲む習慣を付けて、動脈硬化を予防しましょうね。

胃がんの予防にもなるの?

健康診断を受信するための用紙

飲むと身体はもちろん心も温まる感じがするココアですが、胃がんを予防する効果もあるといわれています。ココアが胃がんの予防になる仕組みについてお話ししていきますので少しお付き合いくださいね。

聞いたことがあると思いますが、胃がんの原因の一つに「ピロリ菌」があります。体内にピロリ菌が見られない「ピロリ菌陰性」の場合は胃がんが認められなかったものの、体内にピロリ菌が見られる「ピロリ菌陽性」の場合は、3%程度の割合で胃がんが発見されたそうです。

ピロリ菌が見つかれば必ずしも胃がんになるわけではありませんが、ピロリ菌が見つかると胃がんとなる可能性は否定できない・・・ということになります。ココアを飲むことで、ピロリ菌の働きが抑制されるとされています。

ココアの中には、オレイン酸とリノール酸を代表とする遊離脂肪酸が含まれていますが、ココアに含まれる遊離脂肪酸は「カカオFFA」(Free Fatty Acid)とも呼ばれています。カカオFFAはピロリ菌を弱める働きがあり、弱まったピロリ菌は胃から排出されていきます。

ピロリ菌が排出されることで、胃がんの予防ができる、というわけなのです。カカオFFAが含まれるココアは胃がんの予防ができる心強い味方といえます。日頃からココアを飲む習慣を付けるようにしましょう。

便秘改善に効果があるの?

トイレの便座と座薬

たくさんの良い効果があるココアですが、便秘を改善する効果もあるんですよ。それでは、どのようにして便秘が改善されるのでしょうか?始めに便秘の仕組みについて説明していきますね。

腸内には多くの菌類がいますが、菌類は善玉菌と悪玉菌の両方に分けられます。善玉菌が多ければ腸内環境が整えられている状態なので便秘の心配はありませんが、悪玉菌が増えると腸内環境は悪化してしまうので便秘となってしまいます。

便秘を改善するためには、腸内の善玉菌を増やすことと腸内の食物繊維を増やすことが一番いいのですが、善玉菌を増やして、さらに食物繊維を増やす働きがあるのがココアに含まれる成分「リグニン」です。

リグニンは食物繊維の一種です。食物繊維は腸内環境を良くする働きがありますが、リグニンはそれに加えて善玉菌を増やしてくれる効果もあるんです。善玉菌が増えることで腸内環境がさらに良くなるので、老廃物が排出されやすくなります。

とはいえ、飲み過ぎるとカロリーが高くなってしまうので、ココアを飲む量は1日に1杯から2杯程度にしておきましょうね。

アレルギーにも効果的なの?

大量に飛散するスギ花粉

これ以上良い効果だらけの飲み物は無いと思うほどのココアですが、実はアレルギーにも効果があるとされているんですよ。どのようにアレルギーに作用していくのでしょうか?始めに、アレルギーについてお話ししていくのでお付き合いくださいね。

もともと人間には、外部から侵入した異物に対抗する機能が備えられています。これが通常に機能していれば、身体を細菌やウイルスから守りますがこの機能が過剰になってしまうことがあります。

異物に対する機能が過剰反応となっている状態が「アレルギー」です。アレルギーは身体がかゆくなったり、くしゃみが多く出たりするケースが見られますよね。アレルギーの原因となる物質に炎症性物質の「ヒスタミン」があります。

アレルギーの時にはヒスタミンが過剰に反応されてしまうため、ヒスタミンの増加を抑える必要があります。そこで、ココアが有効になります。カカオ・ポリフェノールには、動脈硬化の予防やガンを予防する効果のほか、アレルギーの原因となる物質を抑制効果もあります。

アレルギー物質の発生が抑えられれば、アレルギーが解消していく効果が期待されるのです。ココアは手軽に飲むことができますが、健康面で多くの効果が期待できる飲み物です。毎日飲むことでアレルギー予防はもちろん、健康な身体を維持していきましょう。

疲労回復やストレスを和らげる効果があるの?

部屋でリラックスする女性

ココアには疲労回復効果やリラックス効果があるんですけど、それは「カカオ・ポリフェノール」や「テオブロミン」の働きがあるからとされています。ココアに含まれる成分で疲労回復に最適なのがココアの苦み成分のもとである「テオブロミン」です。

テオブロミンには、血圧を安定させる効果があるので疲労を和らげる効果を持っています。また、リラックス効果に最適な成分は「カカオ・ポリフェノール」です。特に注目したいのは、カカオ・ポリフェノールの働きの一つである自律神経を整える働きです。

自律神経の働きが整うことにより、リラックス効果が期待できるので、仕事の合間など一息つきたいときに飲むと最適ですよね。また、「テオブロミン」もリラックスするのに最適です。テオブロミンはカフェインと似た作用を持っているものの、カフェインよりもゆるやかに作用する特徴を持っています。

そのため、夜眠る前にココアを飲んでも、コーヒーのように眠れなくなることはほとんどないとされていますし、疲労回復も期待できるほかに、リラックス効果も高まるのでストレスの軽減が期待できます。

生姜よりも冷えに効果があるの?

生姜湯

寒い季節は、温かい飲み物でぽかぽかに温まりたいものですが、冬に身体が温かくなる飲み物といえば「ショウガ湯」があります。ショウガに含まれるジンゲロールやショウガロールが身体を温める作用があるとされていますよね。

しかし、それに負けず劣らずココアにも身体を温める作用があるんですよ。ココアが身体を温める成分には「テオブロミン」があります。冬に寒くなると、血管が収縮して血液が流れにくくなります。特に足先などの毛細血管には血液が流れにくくなるので、より冷えてしまう原因となります。

しかし、テオブロミンには血管を拡張させる効果があるので血行が良くなります。もちろん、毛細血管まで拡張されるので身体が温まり体温が上がってきます。それでは、ここであなたにクイズです!?「ココア」と「ショウガ湯」はどちらが冷えに効果があると思いますか?/p>

森永製菓が11人の冷え性の女性を対象に、ココアとショウガ湯を用いた冷え性抑制に関する実験を行いました。そしたらどんな結果がでたと思います?全体的な結果をまとめると、ショウガ湯は早く温まるものの温度の低下が早いですが、ココアの場合始めはショウガほど温度が上がりませんが、温度の低下はゆっくりとしており、ココアを飲むと長い時間温まっていることが分かりました。

テオブロミンの血管拡張効果によって温度の低下がゆっくりになっているようです。ココアを飲んでじっくりと温まって、寒い冬を乗り切りましょうね。

虫歯の予防にもなるってほんとなの?

こちらに向かってOKサインをする女性歯科医

ココアには多くの有効成分が含まれていることから、ダイエットのみならず風邪予防など多くの効果が期待されています。そのほかにも、意外な効果といえば「虫歯予防」です。なぜ、ココアで虫歯予防が可能なのでしょうか?始めに、虫歯ができる流れについて説明してきますのでよろしくお願いします。

虫歯の原因は簡単にいえば「歯垢」です。歯垢には細菌が含まれていますが、その細菌は歯に残された糖分を分解し、酸を生成します。ただし、口の中では唾液が出ますが、唾液は口の中を中性に戻す働きがあるため多少の酸は中和されます。

しかし、酸性度が高くなると口の中は中性に戻らず、酸が歯のエナメル質を溶かしてしまい虫歯になってしまうのです。つまり、虫歯を予防するためには、口内の細菌の働きを弱めることと、口内の酸化を防ぐことが重要になります。

カカオ・ポリフェノールは抗酸化物質なので、口の中の酸化を防ぐことができます。口の中の酸化が予防できれば、虫歯の予防ができるというわけです。

ただし、甘いココアを飲むと口の中の細菌が活発に働くようになるのでココアを飲むときは糖分を控えめにしましょうね。

まとめ

今回も長くなってしまいましたね、お疲れさまです。身近な飲み物で、非常にたくさんのメリットですし、近所のスーパーに行けば売っていると思います。

ただ、ココアって甘くておいしいですよね。私もココアダイエットをやったのですが、最初の頃は飲みすぎてしまって全然やせることができなかったんですね。

なので、朝と夜1杯ずつ飲むほうがいいですよ。上のほうでもいいましたが、ハチミツやオリゴ糖やてんさい糖を入れてもOKですが、砂糖はだめですからね。

ダイエット効果もあるのですが、どちらかといえば美容のほうが効果的かもしれないですね。ニキビとかの吹き出物が、徐々にできなくなってくることが実感すると思います。

もちろん痩せるのにも効果的ですが、すぐに効果が出ないと思います。あと何日までに痩せたいの!って思われる方には向かないかもしれないですね。

そういった方には「ベルタ酵素」がいいと思いますよ。実際に、わたしもやってみて効果がでましたし、着れなかった服が着れるようになりましたしね。

でも、ゆ~っくり少しずつでもいいからやせたいんだって方には、ココアダイエットが向いていると思います。安く手に入れることができるのもいいですよね。気長に取り組める人にはおすすめですよ。

◆あなたの応援で明日も記事を書く励みになります◆

◆いつもランキングの応援クリックありがとうございます◆


人気ブログランキングへ

シェアしていただけると嬉しいです!

2 Responses to “甘くておいしいのに痩せる!美容や健康にもココアが良い理由”

  1. チョビ より:

    こんばんわ。
    ココアいいですね。
    私も飲んでいます。

    • ひろこ より:

      チョビさんコメントありがとうございます。

      私もココア好きで、けっこう飲みすぎちゃいますよ(*^^*)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ