クルミダイエット!高カロリーなのに脂肪燃焼と美肌に効果的

痩せたい!ニキビをなくして美肌になりたい!どうせなら健康にもなりたい!しかも食べて・・・だったらクルミでしょう(*^^*)近所のスーパーで買えますし、安いですしね。メリットたくさんなのでクルミを食べる習慣にしませんか?

どんなメリットがあるのかというと、ダイエットはもちろんアンチエイジングや体にも良い成分が豊富に含まれてるんですよ。それでは早速になりますが、クルミの凄い効果を詳しく解説していきますね。

クルミのダイエット効果は?

たくさんのクルミの実の上に殻付のクルミ

クルミはお菓子などで良く見かけたりします。食べるとおいしいですが、実はクルミはダイエットにも効果があるとされているのって信じられますか?クルミは小さい割にカロリーが高いことが特徴ですよね。

100g食べた場合、約670キロカロリーにもなるので、なんだかダイエットには不向きな食品のようにも感じちゃいます。でも、クルミにはダイエットに欠かせない成分が含まれているんですよ。

クルミは6割から7割が脂肪で占められています。このこともダイエットには不向きのように感じますが、クルミに含まれる脂肪は良質なもので、クルミに含まれる脂肪分「α-リノレン酸」がダイエットに最適とされます。

α-リノレン酸は、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす効果があります。悪玉コレステロールが減少すると、血液の流れが良くなるので代謝が上がることが期待できます。

代謝が上がれば、脂肪の燃焼効果もグッと高まるのでダイエットに最適といえますね。また、クルミは脂肪分が多く含まれているものの、糖分が少ないこともダイエットに向いているといえます。

クルミはダイエットに最適な食品ですが、食べ過ぎはカロリーの取り過ぎとなって逆に太ってしまいます。ですので、食べる量は1日25g程度にしておくことがポイントです。

クルミダイエットのやり方は?

両わき腹を手をあてているスリムな女性のボディーのアップ画像

クルミダイエットを行うときは、食前にクルミを食べることをおすすめします。なんでかっていうとですね、クルミには食物繊維が多く含まれていること、そして脂肪も含まれていることから食前にクルミを食べておくことで腹持ちが良くなって食事の食べ過ぎを防ぐ効果があるんですよ。

1日に食べる量は4個から5個くらいにしておきます。ただし、クルミのカロリーは100gあたり約670キロカロリーになるので、食べ過ぎないように気をつけましょう。

クルミには、コレステロールを下げてダイエットに効果があるとされる「リノール酸」を多く含んでいます。そのため、たくさん食べるほどダイエットに効果があると感じるのですが、あまりたくさん食べすぎると逆にコレステロールを下げすぎてしまうんですよ。

適度な量のコレステロールは血管をきれいに保つ作用がありますが、コレステロールが少なくなると血管に汚れがたまりやすくなり、血液の流れが悪くなりやすいことから動脈硬化の原因にもなってしまいます。

クルミは身体に良い栄養素がたくさん含まれていますが、身体に良いからと食べ過ぎるのは逆効果になります。適度な量を食べながらダイエットを行うことがポイントになりますよ^^

クルミは美容にも効果があるの?

若い女性が目をつむりながら左頬に左手をあてている

クルミにはた~くさんの栄養素が豊富に含まれています。どんな栄養素が含まれてるのかというと、ビタミンB1、ビタミンE、α-リノレン酸がありますが、これらの栄養素はどれも美容に良い栄養素なんです。

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える役割があり、糖質から生み出されたエネルギーの働きで代謝が活発になります。代謝が活発になれば、肌のターンオーバーも促進されるので美容に欠かせない栄養素といえるんですね。

ビタミンEは、細胞を活性酸素から防ぐ働きがあります。体内に活性酸素が過剰になると、体内の酸化がすすむことから老化の原因となります。言ってしまえば体の中で起こるサビですね。

しかし、ビタミンEは身体の酸化を防ぐ「抗酸化物質」の一種なので、身体の酸化をおさえて老化を防ぎます。ビタミンEも美肌を保つためには必須の栄養素といえます。

α-リノレン酸は、必須脂肪酸の一種です。α-リノレン酸が身体の中に入ると、主に青魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)に変化します。

DHAやEPAは血液をサラサラにする効果があるので、血流を良くする働きがあったりします。動脈硬化を予防できるので健康にも良いほか、脳の働きを活性化させたり、精神的にも良い効果をもたらすんですよ。

若さを保って美しさも保てる効果があります。クルミは美容に良い食品といえますね^^

クルミは健康にも効果があるの?

色鮮やかなクルミの実の部分

クルミは、ダイエットや美容だけではなく健康にも効果的なんですよ。いいことずくめですよね^^で、得られる健康の効果は大きく分けると3つあります。

1つめは、健康の敵である肥満を抑える効果です。クルミに含まれるα-リノレン酸には、中性脂肪を減らす効果があります。そのほか、食物繊維も多く含まれているため、デトックス効果が高まり肥満を抑える効果が期待できます。そのため、クルミを食べることで健康的な痩せ体質になります。

2つめは、高血圧を予防することです。これもまたα-リノレン酸なんですが、血液をサラサラにする効果があるので血液の流れが良くなります。また、血管を詰まらせる原因となる悪玉コレステロールを減らす効果があるので高血圧が予防でき、また、動脈硬化や心筋梗塞を予防することができます。

3つめは、滋養強壮効果です。クルミは栄養素が豊富で、タンパク質やミネラルなどが含まれています。しかも、小さなクルミには比較的高めのカロリーが含まれていて、そのうえ消化も良いことから滋養強壮はもちろん、疲労の回復や病気のあとの体力回復にも最適です。
小さなクルミからは多くの効果が期待できるので、健康維持にはもってこいといえます。

メリットたくさんのクルミを、継続的に摂ってみてはいかがでしょうか。

クルミの摂取量は?食べ過ぎたらダメなの?

クルミを両手で持って食べるかわいいリス

クルミには身体に良い栄養素がたくさん含まれていることから、ダイエットに効果があるのはもちろん、美容にも良く、健康にも良い食品だということはもうお分かりになられたかと思います。

いろいろと効果が高いので、クルミをたくさん食べればそれらの効果はさらに高くなるような気もしますが、やはり食べ過ぎは身体にとって逆効果となることがあります。

1日にクルミを食べる量は、4個から5個くらいが適量です。重さにすると約25gです。クルミはカロリーが高いことが特徴で、100g食べると約670キロカロリーにもなります。

25g食べても約170キロカロリーにもなっちゃいます。おいしいからとついつい食べ過ぎてしまうと、知らず知らずのうちにカロリーを多く摂取してしまうことになりますもんね。

また、クルミの食べ過ぎは便秘やニキビの原因となることがあります。クルミに含まれる食物繊維は不溶性食物繊維ですが、不溶性食物繊維が多すぎると水分を吸収しすぎてしまい便が固くなってしまうことがあります。

そのほかにもクルミを食べると悪玉コレステロールを減らす効果がありますが、クルミの食べ過ぎは善玉コレステロールまで減らしてしまいます。

善玉コレステロールには血管をきれいにする働きがありますが、これが少ないと血管に汚れがたまって詰まりやすくなり、動脈硬化の原因となるんですね。「身体に良い」といわれる食品も、なんでも食べ過ぎはだめなんですね。食べる量は適量を心がけましょうね^^

クルミの栄養価が知りたい!

クルミ割り器でクルミを割っている

ダイエットや美容、健康にも良いクルミですが、どのような栄養が含まれているのか調べていくことにしましょう。クルミの100gあたりのカロリーは674キロカロリーとなっています。少ない割にカロリーが高いんですね。

また、クルミ100gには、脂質は68.8g含まれていますが、そのうちリノール酸が41g、α-リノレン酸が9g含まれています。α-リノレン酸には血液をサラサラにする効果があります。

また、クルミ100gに含まれるミネラルは、カリウムが540mg、カルシウムが85mg含まれています。カリウムには多すぎるナトリウムを体外に排出させる働きがあるほか、カルシウムには骨を丈夫にする働きのほかにイライラした状態をしずめる効果があるんですよ。

そのほか、クルミ100gにはビタミンB1が0.26mg、繊維質が7.5g含まれ、そのうち6.9gは不溶性食物繊維です。ビタミンB1には、糖質をエネルギーに変える役割があり、エネルギーの働きで代謝を活発にする効果があります。

また、不溶性食物繊維には、デトックス効果を高める働きがあります。クルミには、多くの栄養素が含まれていることが分かりますよね。なんども言いますが、カロリーが高めなので食べる量は1日に4個から5個を目安にしておきましょうね。

クルミは脳にも良いの?

若い女性のおでこのアップ

クルミは脳にも良いとされているんですよ。その仕組みについて紹介していきますね。クルミにはα-リノレン酸が含まれてることは何度も伝えたかと思います。

α-リノレン酸は、体内に入るとDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)に変換されます。特に脳に良いとされる成分は「DHA」です。脳には多くの神経細胞があります。

そして、DHAは神経細胞の膜の中に存在していますが脳の神経細胞の中にDHAが多く含まれていると、神経細胞の膜が柔らかくなることから神経細胞は他の神経細胞とつながりやすくなります。

神経細胞どうしがより多くつながることで、神経伝達物質がやりとりされて脳の働きが活性化していくというわけですね。年齢とともに脳内の神経細胞は徐々に死滅していくとされていますが、脳内で活動している神経細胞を活性化させることができれば、脳内の老化を防ぐことができ集中力や記憶力の向上が期待できるほかに認知症を予防する効果も期待されています。

DHAといえば、主に青魚に多く含まれる成分ですよね。そのため、DHAを摂取するためには、青魚を食べたりサプリから補給したりすることが多いですが、クルミを食べることでも体内でDHAが作られるので脳の活性化には最適といえます。

クルミは乳がんの予防にもなるの?

中年女性が右胸を手で触り乳がんのチェックをしている

多くの有効な成分が含まれているクルミですが、乳がんの予防にもなるとされているんですよ。アメリカ・ウエストバージニア州のマーシャル大学が研究した結果によると、乳がんができにくくなる効果がみられること、そして乳がんの増殖がおさえられることが分かったんですよ。

乳がんを発症する確率を比べると、クルミを与えられたマウスはクルミを与えられないマウスのなんと半分未満となり、がん細胞の数も少なく、大きさも小さくなることが分かりました。

がん細胞の生成をおさえる効果があるのは、α-リノレン酸と考えられます。クルミを与えられたマウスの体内にはDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)が多く含まれていたとされますが、DHAもEPAもα-リノレン酸から作られる成分であることからもα-リノレン酸が有効と考えられます。

そのほかにも、クルミに含まれる有効な成分が、がん細胞の生成を抑制すると考えられています。ただ、乳がんの予防については、マウスの実験で得られた結果で、人間にとって有効かどうかは確定的ではないものの、クルミに含まれる多くの成分が健康の維持に役立っていることからクルミを食べることは乳がんの予防に役立つものと考えられています。

まとめ

おつかれさまでした、まとめに入りたいと思います。高カロリーなクルミが、ダイエット効果があるって嘘でしょ?って思っちゃいますよね。

以前の記事で紹介しました、医学博士【日比野 佐和子】院長も推薦するクルミの凄い効果!で、日比野さんも実際にクルミを食べてらっしゃっていて、スリムでお肌がツルツル美肌だったことが印象です。

ダイエットに効果的な、α-リノレン酸に加えてオメガ3脂肪酸も脂肪を溜めにくくしてくれます。ただし、食べ過ぎだけは気を付けるようにしてくださいね。

おすすめの食べ方は、クルミバナナヨーグルトです。1度試してみてくださいね。

◆あなたの応援で明日も記事を書く励みになります◆

◆いつもランキングの応援クリックありがとうございます◆


人気ブログランキングへ

シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ