アイスクリームはダイエットの味方!バニラアイスで減量

夏の暑いときなんかに欲しくなるものってなんですか?そうですよね、アイスですね^^私なんかですね、めっちゃ寒い冬でも部屋の中を暖かくして食べるのが大好きなんですよ(*´ω`)あ!?あと、お酒を飲んだ後とか、お風呂上がりになぜか急激にソフトクリームがほしくなっちゃうのはなんでだろう(笑)

そんなアイスが、ダイエットに効果があるとしたら超ビックリですよね?

そんなわけないやんかぁ・・・という声が聞こえましたね(笑)これは専門家の先生もおっしゃってますが、アイスの選び方や種類

食べる時間帯を気を付ければ、食べても太らないそうですよ。てことで、アイスクリームを食べてもなんで太らないのかをご説明していきますね。




アイスクリームがダイエットに効果的な理由

みんな大好きなアイスが、どうして減量につながるのでしょうか?アイスクリームを食べたいけれど、ダイエットのために食べるの我慢している方は見逃さないでくださいね。

アトタンティックカップに入れたバニラアイスとピンクのスプーン

これを読んでくれたあなたは、ダイエット中でもアイスクリームを食べることができますよ!好きなものを我慢して、ストレスを溜め込んでしまうと精神的にきついですし、痩せにくい体質の原因になっちゃいますからね。

血糖値の上がり具合が穏やか

血糖値がグンっと上がってしまうお菓子は、糖分が多い証拠で太ってしまう原因です。一般的なお菓子は、たとえ甘くなくても糖質をたくさん含んでいます。血糖値が急激に上がると、体内のインスリンが分泌されるので太りやすくなってしまいます。

私の大好きな、「ポテトチップス」や「じゃがりこ」などのスナック菓子も、炭水化物+糖質+脂質もたっぷりです。その点、アイスクリームは乳脂肪と糖質だけです。

血糖値が上がるのは、主に炭水化物を摂取することで上がります。また、血糖値の上がりすぎは「糖尿病」「高血圧」「動脈硬化」の原因になってしまいます。アイスを食べても血糖値は上がりますが、かなり緩やかに上がる程度です。炭水化物たっぷりなお菓子などを食べるのでしたらアイスクリームを食べましょう。

バニラアイスは脂肪を抑える効果がある

バニラアイスにはですね、脂肪の増加をを抑えてくれる「バニリン」という物質を含んでいるんですね。また、バニリンは、バニラの香りの素となる物質でもあります

えー!?マジー!?脂肪を抑えてくれるんだったらバニラアイス食べまくろー!!なんて私みたいなバカなことを考えないでくださいね(汗)スイーツには変わりないので・・・

栄養価が高い

アイスって栄養食って知ってましたか?アイスクリームの栄養素は、「タンパク質」「脂質」「カルシウム」「ナトリウム」「マグネシウム」「亜鉛」「ビタミンB群」など、栄養素がいっぱいなんですよ。ビタミンCが入ってないのが残念ですけどね(;^ω^)

アイスクリームの種類とカロリー

アイスクリームにも、種類があるのってご存知かと思います。「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」の3種類で、一般食品なあたる「氷菓」の4種類ですね。で、ここで覚えてほしいのが、「脂質の量」なんですね。

これについての定義と成分規格は、食品衛生法にもとづく乳製品の成分規格と添加物等の規格基準によって法律で定められているそうです。それでは、種類別にですね、カロリーの違いをご説明していきます。ダイエット中の方は必見ですよ!

アイスクリーム

■アイスクリーム(乳固形分15.0%以上、うち乳脂肪分8.0%以上)

・100gあたり 180kcal

【市販のアイスだったら?】「ハーゲンダッツ」「レディーボーデン」「ピノ」「パルム」「牧場しぼり」「アイスまんじゅう」「MOW」など

アイスミルク

■アイスミルク(乳固形分10.0%以上、うち乳脂肪分3.0%以上)

・100gあたり 167kcal

【市販のアイスだったら?】「ジャイアントコーン」「チョコモナカジャンボ」「旨ミルク」「雪見大福」「白くまパフェ」「王将」など

ラクトアイス

■ラクトアイス(乳固形分3.0%以上、乳脂肪分は0)

・100gあたり 224kcal

【市販のアイスだったら?】「スーパーカップ(エッセル)」「爽(ロッテ)」「白くま」「クーリッシュ」「パナップ」「ホームランバー」「アイスの実」「たまごアイス」など

氷菓(シャーベット)

■氷菓(シャーベット)(乳固形分、乳脂肪分共に規格なし)

・100gあたり 100kcal前後

【市販のアイスだったら?】「ガリガリくん」「BIGスイカバー」「ガツン、とみかん」「あずきバー」「パピコ」「ICE BOX」「白熊」「クーリッシュ」「」など

もっと書きたいけど、ここらへんでやめておきます(^^;

どの種類のアイスを食べれば効果的なの?

カロリーの低いガリガリくんやICE BOXでしょ?え?違うの?・・・ラクトアイスは植物性脂肪が入っていて高カロリーだし・・・

次にカロリーが低いのがアイスミルクだから・・・これも違うの?

乳脂肪12%以上のバニラアイスを選ぶ

さて、上述した4種類のアイスの内、ダイエットに適しているのはどれだと思いますか?カロリーが1番低カロリーの氷菓じゃないの?・・だと思いますよね普通。

ラクトアイスなんかも、乳脂肪が入ってないから太らなさそうって思うと思います。でも、乳脂肪の代わりになにが入っているのかというと植物性脂肪が使われているので高カロリーなんですねラクトアイスは

ダイエットに効果的なのは「アイスクリーム」です。それも、乳脂肪が12%以上のものがいいでしょう。高脂肪のバニラアイスの成分と乳糖には皮下脂肪と内臓脂肪を抑えてくれる効果があるとのこと。

まあ、単純に低カロリーの氷菓のアイスでも、摂取するカロリーが低いから太りにくいっていうのもあるのですが、なんだか満足感に欠けてしまいます。

あま~いアイスクリームを食べたいです個人的には^^でも、夏の暑いときは氷系のアイスをチョイスしてしまいますけどね(笑)

私の話しは置いといて、ダイエット向きのアイスはアイスクリームです。と言っても1日1個程度にしておいたほうがいいと思います。

ラベル表示に、「種類別アイスクリーム」っていう感じで書いてあるものですよ^^

アイスを食べても太らない時間帯は?

いくらアイスクリームがダイエットに効果があると言っても、時間帯を間違えてしまうと体重増加になってしまう可能性があります。

数グラムたりとも太りたくない場合はチェックしてくださいね。

午後の3時のおやつとして食べる

以前の記事の「体内のBMAL1(ビーマルワン)の量がが少ないときに食べても太らない」でもお伝えしましたが、午後2~4時の間がもっともBMAL1が少なくないときに食べても太らないというわけです。

午後2~4時の間って、お仕事をやられてる方にしたら難しいと思います。その場合は、朝食として食べてもいいですよ。栄養満点のアイスクリームを食べれば、朝から頭がシャキっとして目もバッチリ覚めます。冬場はキツイですけどね(;^ω^)

アイスを食べても太らない量は?

アイスを食べても、量さえ守っていれば丈夫です。

具体的な量は?

80~110mlまでの小さいものを選ぶ

ハーゲンダッツだったら、ミニカップ1個で110mlですね。レディーボーデンが85mlですね。

もう少し小さいものがありますけどね、マルチカップとか。あれ買ってしまうとですね、もう1個食べてしまうときあるんですよね。

最悪、今日食べたっけ?とか忘れてしまうときがあると思います(笑)なので、コンビニやスーパーで買うときもマルチカップ1個だけ買うようにしましょうね。

こんなアイスは太るもと!!

せっかく量を少なくしたり、バニラアイスを選んでいるのにカロリーオーバーになってしまってはだめです。

ダイエット中は特にそういったアイスを控えるようにしましょう。

コーンタイプのアイスはカロリーが高い

コーンタイプのアイスもおいしいですよね?サクサクしていて食べやすいですし片手で食べられるのがいいです。

ワッフルコーン

でも、あのコーンが意外と高カロリーで、50kcal~高いものは160kcal以上のコーンあります。材料に砂糖も使われていますし、炭水化物値もそこそこあります。

ですので、アイスを選ぶときはシンプルにカップに入ったものを選びましょうね。

トッピングやソースは高カロリーのもと

アイスに、チョコレートソースやキャラメルソース、ホットケーキと一緒に食べてもおいしんですよね☆でも、高カロリーになっちゃうんですよね~あたりまえですが・・・

どうしても、バニラアイスにトッピングしたい場合は、「果物」をトッピングしてもいいと思います。「フルーツの酵素は太らない体質にしてくれます」からね。

ほかの甘くてカロリーの高いものの誘惑に負けずに、ダイエット中は果物をチョイ足ししましょう^^

まとめ

さぁーまとめです、長くなりましたね。私の大好きなアイスでしたから^^

上述した通り、アイスを食べて太りたくないなら乳脂肪12%以上のアイスクリームを選びましょうね。でも、市販で売られてるのってラクトアイスが多いですよね?

ラクトアイスって、量もあって比較的安いですしそこそこおいしいですしね^^でも、カロリーはアイスクリームの方が低いですし濃厚で断然おいしいです(*´ω`)何個もいけちゃいます(アカンちゅーねん)

食べても110mlまでにして、コーンタイプはやめておきましょうね。時間は、3時のおやつとして食べるのが理想ですが、朝に食べてもいいですし、夜なら寝る3時間前ぐらいまでならOKだと思います。

きれいに痩せたいのであれば、カロリー制限はせずに適度なカロリー摂取が必要になります。そのほうが脂肪燃焼しやすいですし、ある程度自分の好きなものを食べないとストレスになってしまいますからね。

ダイエットしても、栄養をたくさん摂らないと痩せるのは難しいですし、痩せても綺麗に痩せることはできないと思います。その点、アイスクリームは、ほかのスイーツと比べても栄養が豊富です。

今まで説明してきました通り、「種類」「時間帯」「量」を守っていれば、太ることはないと思います。そして、なによりも大事なのが適度な運動になりますので、そこを理解したうえで実践してみてくださいね。

◆あなたの応援で明日も記事を書く励みになります◆

◆いつもランキングの応援クリックありがとうございます◆


人気ブログランキングへ

シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ