【血液型ダイエット!】全然痩せないのは○○を食べているせい?

血液型ダイエットってご存知ですか?例えば、あなたがダイエットしているにも関わらず全然体重が落ちないのは、血液型に合わない食べ物を食べているからかも知れません。

あなたに合った食事をすることで、体重が落ちやすくなって健康にもなれるということです。血液型と食べ物の関係なんて無いでしょって思っちゃいそうですが、参考程度で見ていただければと思います。

血液型ダイエットってなに?

血液型ダイエットは、アメリカの自然療法医『ピーター・J・ダダモ』博士が考案したダイエット方法です。「血液型は体質を表す」という考え方から、それぞれの血液型に合った食生活やライフスタイルでダイエットに取り組みます。

血液型ダイエットは、オーストラリア出身のファッションモデル、ミランダ・カーやアメリカの女優、アンジェリーナ・ジョリーなど、世界のセレブが取り組んでいるダイエット方法であることから注目を集めているダイエット方法です。

例えば、O型は狩猟民族がルーツであることから、タンパク質を含む肉を中心としたメニューでダイエットに取り組みますし、A型は農耕民族がルーツであることから、野菜や大豆製品などをメインとした食生活でダイエットに取り組みます。

B型は、O型の攻撃的な性質とA型の細やかさを掛け合わせた面を持っていることが特徴です。そのため、乳製品や肉、野菜などバランスの良い食事を取ることがポイントとなります。

また、AB型は、A型とB型の両面を兼ねそろえていることが特徴で、豆腐などの豆類、魚を摂取することがポイントとなります。

ただし、「血液型別のダイエットは医学的に効果がない」という意見も見られます。なので、普段はバランスの良い食事を心がけつつ、それぞれの血液型に適した食品を取り入れながらダイエットに取り組んでみると良いでしょう。

ダイエット効果は?

細い女性のウェストにメジャーを回す

それぞれの血液型に合った食材やあまり食べないほうが良い食材をよく考えて選ぶことで、ダイエット効果がだけではなく健康効果も期待されるというわけです。

どんな食べ物が自分に合っていているのが分かる訳ですから、食べても太らないボディーをずっと維持することができるという夢みたいなダイエット法です。

しかし、ダダモ博士が提唱されたこの血液型ダイエットですが科学的な根拠はないとされ、医学論文にも発表されていないいので怪しい面もあります。

それでも、多くの方が実践されて痩せたという報告は数知れないんですね。痩せただけではなく、ひどいアレルギーが治ったという人もいるのは事実なんですね。

何を食べて何を避ければいいのかが分かるので、食べたいけどカロリーが高いからやめておこう・・・っていうストレスから解放されますよね?

血液型に合った食品を後ほどピックアップしますので、おいしく食べてダイエットにつながればあなたの体質には向いて効果的だってことですね。

血液型別ダイエットの解説

それではここから、A型 B型 O型 AB型の痩せる根拠について解説していきたいと思いますので、参考にしてくれればと思います。

また、適した食品や避けたい食品、それぞれに適した運動についてもご紹介させていただきますので合わせてご覧頂ければと思います。

A型の血液型ダイエットは?

A型のイメージ

A型のルーツは、稲作などの農業活動で生活していた農耕民族とされています。そのため、特に野菜類がA型の身体に合いやすいと言えます。

ダイエットに取り組むにあたって最適な食品は、ほうれん草やかぼちゃなどの緑黄色野菜、豆腐や納豆などの大豆製品、さんまやサバなど脂がのっている魚などがあります。そのほか、いちごやブルーベリーもダイエットに最適です。

しかし、A型はほかの血液型と比べると胃酸の量が少ないことから、肉類は消化しにくい特徴があります。そのため、肉や魚を多く食べてしまうと、肥満の原因となってしまいます。

そのほか、チーズやバターなどの乳製品、ゴマ油やコーンオイルなども控えめにすることを心がけましょう。また、A型は几帳面で神経質なところがあるので、ほかの血液型と比べるとストレスをためやすい傾向が見られます。

ダイエットにも几帳面に取り組みますが、ダイエット中に食べたいものを我慢しすぎてしまうと反動で食べ過ぎてしまいリバウンドしてしまうことがあります。

気負いすぎることなく、ゆったりとしたペースでダイエットを続けることが成功のポイントです。ヨガやウォーキングなど、リラックスしながら取り組める運動を取り入れるとさらに効果的ですよ。

A型の痩せやすい食べ物

  • 野菜類・・にんじん、ブロッコリー、かぼちゃ、ほうれん草、パセリ、タマネギ、しょうが、にんにく、さやいんげん、さやえんどう、おくら、ケール
  • 魚介類・・さば、いわし、さけ、たら、金目鯛、にじます、あんこう、きすなど
  • 肉類・・基本的に避けた方ほうがいい(鶏、七面鳥、ほろほろ鳥、だちょうは可)
  • 豆類・・味噌、大豆、小豆、豆腐、納豆、そら豆、レンズ豆、あずき、テンペなど
  • 穀類・・米、米粉、餅、そば粉、そば、ライ麦粉、オート麦、オート麦子、オートミール
  • 果物・・パイナップル、レモン、グレープフルーツ、いちじく、さくらんぼ、ブルーベリー
  • 乳製品と卵・・基本的に避けたほうがいい(鶏卵、いくら、ヨーグルト、サワークリーム、モッツアレラ、フェタチーズ、リコッタチーズは可)
  • ナッツと種子・・くるみ、ピーナッツ、亜麻の種、かぼちゃの種
  • 油脂・・オリーブ油、くるみ油
  • 調味料・・ドライマスタード、醤油、ターメリック
  • 飲料・・緑茶、赤ワイン

A型の痩せにくい食べ物

  • 野菜類・・キャベツ、紫キャベツ、白菜、しいたけ、なす、ピーマン、トマト、さつまいも、やまいも、ピクルス
  • 魚介類・・カニ、エビ、イカ、ロブスター、うなぎ、はまぐり、巻貝、キャビアなど
  • 肉類・・牛肉、豚肉、馬肉、羊肉、ベーコン、ハム、レバーなど
  • 豆類・・赤インゲン豆、白インゲン豆、ひよこ豆、らい豆など
  • 穀類・・小麦製品全般(パン、うどん、パスタ、ピザ、ハンバーグ、ケーキ)など
  • 果物・・みかん、マンゴー、パパイヤ、ココナッツ
  • 乳製品・・牛乳、バター、カマンベールチーズ、ブルーチーズ、クリームチーズ、パルメザンチーズ、ゴーダチーズ、チェダーチーズ、など
  • ナッツと種子・・ピスタチオ、カシューナッツ
  • 油脂・・コーン油、ココナッツ油、ピーナッツ脂
  • 調味料・・マヨネーズ、ケチャップ、ウースターソース、化学調味料
  • 飲料・・炭酸飲料、紅茶、蒸留酒

B型の血液型ダイエットは?

B型のイメージ

B型のルーツは、牛や羊と共に食料をもとめて生活をしていた遊牧民であるとされています。B型の特徴は、A型の几帳面さとO型のストレートな面を持ち合わせていることです。

A型は、野菜類の消化に優れた面を持っているほか、O型は肉類の消化に優れた面を持っています。B型は、A型とO型の両面を持ち合わせていることから、野菜や果物、肉類や乳製品など、幅広い食品をまんべんなく消化することができるのです。

B型に最適な食品は、肉類では牛肉、魚介類では、サケやサバ、マグロなど脂がのっている魚が最適です。また、乳製品は摂取しても差し支えありません。

逆に、B型が摂取しない方が良い食品は小麦粉などの麦類です。B型の人は、パンやめん類などを食べることで代謝が下がりやすくなります。見方を変えれば、B型の人は炭水化物抜きダイエットが効果的であると言えるでしょう。

そのほか、肉類で摂取しない方が良い食品は豚肉や鶏肉、魚介類で摂取を控えた方が良い食品は、たこやエビ、カキなどがあります。また、B型は大豆製品との相性が良くないので摂取は控えめにしておきましょう。

B型はマイペースな面があり、良いと思った食品をたくさん食べてしまう一面もあることから、食事が偏りやすくなる場合があります。食事に大切なのはバランスなので、あらゆる食品を食べながらダイエットに取り組んでみましょう。

B型の痩せやすい食べ物

  • 野菜類・・にんじん、ブロッコリー、しいたけ、しょうが、ケール、さつまいも
  • 魚介類・・あんこう、真いわし、オーシャンパーチ
  • 肉類・・羊肉(ラム・マトン)
  • 豆類・・赤いんげん豆、白いんげん豆、らい豆
  • 穀類・・餅、米粉、ライスフレーク、ライスブラン、ライスミルク、オート麦
  • 果物・・スイカ、パイナップル、クランベリー、バナナ
  • 乳製品と卵・・モッツァレラチーズ、リコッタチーズ、パニールチーズ、ファーマーチーズ、フェタチーズ、カッテージチーズ、ヨーグルト、全乳
  • ナッツと種子・・くるみ
  • 油脂・・オリーブ油
  • 調味料・・カレー粉
  • 飲料・・緑茶

B型の痩せにくい食べ物

  • 野菜類・・トマト、かいわれ、アロエ、アカシア、ラディッシュ
  • 魚介類・・カニ、エビ、ロブスター、タコ、うなぎ、はまぐり、巻貝、牡蠣、かわます、うみます、にじます、
  • 肉類・・鶏肉、豚肉、鴨肉、ベーコン、ハム
  • 豆類・・あずき、豆腐、ひよこ豆、黒目豆、ピント豆、レンズ豆、黒いんげん豆、味噌、豆乳
  • 穀類・・ライ麦、とうもろこし、そば、タピオカ、アマランサス
  • 果物・・柿、アボカド、ザクロ、にがうりココナッツ
  • 乳製品・・アイスクリーム、ブルーチーズ、ストリングチーズ、いくら、うずらの卵、鴨の卵
  • ナッツと種子・・ピーナッツ、カシューナッツ、ゴマ、ピスタチオ、ヘイゼルナッツ
  • 油脂・・ゴマ油、べにばな油、ひまわり油、コーン油、ピーナッツ油、アボカド油
  • 調味料・・アーモンドエキス、コーンスターチ、ケチャップウースターソース、砂糖、こしょう
  • 飲料・・炭酸飲料、蒸留酒

O型の血液型ダイエットは?

O型のイメージ

O型のルーツは、食材を求めて狩りをしていた狩猟民族であるとされているので、ほかの血液型よりも身体が肉に慣れていると言えます。

その理由は、O型は肉を分解する酵素の量がほかの血液型と比べると約3倍であるためです。さらに、O型はタンパク質を消化しやすいことも特徴で、肉類などタンパク質を含む食品の消化に最適な体質と言えます。

O型はタンパク質などの消化は優れている反面、ほかの血液型と比べると、炭水化物を消化する能力は低めとなります。そのため、O型は肉よりも炭水化物を取りすぎることで太りやすくなってしまう傾向があります。

O型の人がダイエットをするにあたって最適な食品は、脂身の少ない赤身の肉、魚介類(タラやブリ、サーモンなど)、ほうれん草、ブロッコリーなどがあります。

逆に、ダイエットをするにあたって控えたい食品は、パンやめん類など小麦類全般、炭水化物を比較的多く含むジャガイモやトウモロコシ、椎茸やマッシュルームなどがあります。

また、O型の人はウォーキングなどの有酸素運動がダイエットに最適です。ジョギングや水泳など、酸素を消費したり、汗をかいたりする運動が非常に効果的とされます。

O型の人は炭水化物を控えめにして、肉や魚介類を適切に取ることがダイエットに効果的と言えるでしょう。

O型の痩せやすい食べ物

  • 野菜類・・、玉ねぎ、ほうれん草、しょうが、海藻、ブロッコリー、かぼちゃ、ケール、おくら
  • 魚介類・・たら、かわかます、金目鯛、ぶり、パーチ
  • 肉類・・牛肉、鹿肉、羊肉、鶏肉、レバー、ハツ
  • 豆類・・赤いんげん豆、白いんげん豆、レンズ豆、ピント豆
  • 穀類・・基本的に避けたほうがいい(白米、玄米、餅、アマランサス、ライ麦は可)
  • 果物・・バナナ、マンゴー、いちじく、ブルーベリー、さくらんぼ、グアバ
  • 乳製品と卵・・基本的に避けたほうがいい(鶏卵、鴨の卵、バターは可)
  • ナッツと種子・・くるみ、かぼちゃの種、亜麻の種
  • 油脂・・オリーブ油、フラックスシード油、くるみ油、アーモンド油
  • 調味料・・ダルス、ターメリック、ナツメグ、カレー粉
  • 飲料・・緑茶、赤ワイン

O型の痩せにくい食べ物

  • 野菜類・・カリフラワー、アロエ、きゅうり、タロイモ、マッシュルーム
  • 魚介類・・かます、あわび、巻貝、タコ、イカ
  • 肉類・・ベーコン、ハム、豚肉、うずら
  • 豆類・・赤いんげん豆、白いんげん豆、レンズ豆、緑レンズ豆、赤レンズ豆、ピント豆
  • 穀類・・とうもろこし、ポップコーン、小麦、大麦
  • 果物・・オレンジ、梨、キウイ、みかん、オレンジ、アボカド
  • 乳製品・・ヨーグルト、アイスクリーム、サワークリームカマンベールチーズ、チェダーチーズ、カッテージチーズクリームチーズ、ゴーダチーズ、パルメザンチーズ
  • ナッツと種子・・栗、ピーナッツ、カシューナッツ、ピスタチオ
  • 油脂・・べにばな油、コーン油、アボカド油、ココナッツ油、大豆油
  • 調味料・・酢(りんご酢は×)、ケチャップ、こしょう、砂糖、ウースターソース、マスタード、コーンシロップ
  • 飲料・・ビール、紅茶、白ワイン

AB型の血液型ダイエットは?

AB型のイメージ

AB型はその名前の通りA型とB型の両方が組み合わされた血液型で、かっこよくいえばA型の農耕民族とB型の遊牧民族のハイブリッド型ともいえます。

B型は幅広い食品を消化する能力があること、また、A型は胃酸が少ない性質であることが特徴となっていますが、その両方の性質を持つAB型は、A型ほどではないものの肉類を消化しにくい体質となっています。

なので、肉好きの方にはきついかと思いますが肉類は控えめにした方が良いでしょう。また、肉類を食べたいと感じたときには野菜も一緒にたくさん食べることを心がけましょうね。

AB型は肉類が合わない体質であるものの、魚介類は比較的体質に合っています。AB型の体質に合う魚介類は、サケやサバ、マグロなどがあります。

また、タンパク質を摂取するときは魚介類のほかに、豆腐や納豆など大豆製品から摂取することも最適です。AB型が摂取を控えた方が良い食品は、肉類のほか、魚介類ではカニやエビ、たこ、トウモロコシやもやし、コーン油やゴマ油などがあります。

摂取を控えた方が良い食品を食べ過ぎてしまうと、疲れや冷えの症状が出る場合がありますので、控えめにすることを心がけましょう。

AB型はA型とB型の両方の性質を持ち合わせていることから、複雑な気質を持ち合わせていると言えます。そのため、ヨガを取り入れて精神を落ちつかせつつダイエットに取り組んでいくと効果的です。

AB型の痩せやすい食べ物

  • 野菜類・・ブロッコリー、カリフラワー、きゅうり、にんにく、さつまいも、まいたけ
  • 魚介類・・さば、さけ、まぐろ、しいら、真いわし、エスカルゴ、あんこう
  • 肉類・・七面鳥
  • 豆類・ピント豆、緑レンズ豆、テンペ、味噌、大豆、豆腐
  • 穀類・・白米、玄米、餅、米粉、アマランサス、オート麦、オートブラン、ライスフレーク、ライスブラン
  • 果物・・さくらんぼ、いちじく、ぶどう、すいか、グレープフルーツ、キウイ、パイナップル、プラム
  • 乳製品と卵・・白身(鶏卵)、ヨーグルト、モッツァレラチーズ、リコッタチーズ
  • ナッツと種子・・くるみ、ピーナッツ、栗
  • 油脂・・オリーブ油、くるみ油、フラックスシード
  • 調味料・・カレー粉
  • 飲料・・緑茶、赤ワイン

AB型の痩せにくい食べ物

  • 野菜類・・かいわれ、ピーマン、ハラペーニュ、アカシア、ラデッシュ
  • 魚介類・・牡蠣、かに、たこ、うなぎ、ぶり、巻貝、はまぐり、かわます、にじます、うみます
  • 肉類・・ベーコン、ハム、豚肉、鶏肉、牛肉、鴨肉、馬肉
  • 豆類・・あずき、そら豆、黒いんげん豆、赤いんげん豆、ライ豆
  • 穀類・・とうもろこし、タピオカ
  • 果物・・バナナ、アボカド、グアバ、ザクロ、にがうり、柿
  • 乳製品・・バター、アイスクリーム、全乳、カマンベールチーズ、パルメザンチーズ、ブルーチーズ
  • ナッツと種子・・ごま、ヘイゼルナッツ、かぼちゃの種、ひまわりの種
  • 油脂・・ごま油、コーン油、ひまわり油、アボカド油
  • 調味料・・オールスパイス、化学調味料
  • 飲料・・コーヒー、炭酸飲料、紅茶

信憑性ってあるの?

疑っている様子の女性

血液型ごとに最適な食事、最適な運動方法があり、それを元にダイエットに取り組むのが血液型ダイエットですが、血液型ダイエットに信憑性はあるのでしょうか。

結論から言えば、血液型ダイエットの信憑性は低めであると言えます。血液型ダイエットでは、A型を農耕民族、B型を遊牧民族、O型を狩猟民族、AB型を農耕民族と遊牧民族のハイブリッド型に分類していますが、そもそも、4つの血液型ごとに分類して考える、ということに無理があるのではないでしょうか。

それは、血液型による性格の違いや、血液型占いの結果が必ずしも合っていないことからも分かるでしょう。例えば、A型は几帳面、B型はマイペース、O型はおおらか、AB型は複雑な気質、と分類しても、それが必ずしも当てはまるとは限りません。

さらに、血液型ダイエットに基づいた食生活を行うと食生活が偏りやすくなります。食生活が偏ってしまうと、ダイエット以前に健康を損ないやすくなってしまうことも十分に考えられます。

このように、血液型ダイエットは信憑性が低いダイエット方法と言えますが、自分の血液型に合った食品を参考にしながら、ダイエットに取り組んでみるのが良いと思います。

例えば、A型は野菜を多めに、O型は炭水化物を控えめに、というようにです。血液型ダイエットは、お試し的に始めてみるのが最適なのかも知れませんね。

みんなの口コミはどうなの?

2人の女性が1人の女性に耳打ちをしている

自分の血液型に合った食品を食べることで、ダイエットに取り組むことができると言われる血液型ダイエットですが、実際に行われた方々の口コミはどんなものがあるのでしょうか?

口コミを見てみると、「血液型ダイエットは自分に合っている」という意見と、「血液型ダイエットでは上手くやせることができなかった」という意見が半々に分かれています。

血液型ダイエットが自分に合っているという意見の中には、血液型にあった食品を多めに食べて血液型に合わない食品を控えめにする食生活を続けたら徐々に体重が減った、というケースが見られました。

血液型ダイエットを提案したダダモ博士によると、それぞれの血液型にはルーツがあり、A型は農耕民族、B型は遊牧民族、O型は狩猟民族であるとの見方を示しています。

それぞれの血液型のルーツより、A型は主に野菜を、O型は肉類をメインとして炭水化物は控えめ、というように、それぞれの血液型に合った食事をとることで、ダイエットなど、体質を変える効果があると見られています。

逆に、血液型ダイエットが合わない、という意見の中には「4つの血液型に分けるのは無理がある」という意見や、「自分の血液型に合った食べ物を食べても体重はさほど変わらなかった」という意見も見られました。

このように、血液型ダイエットについての意見は二つに分かれることから、血液型ダイエットはお試し的にはじめてみるのが良いと思います。

血液型と合わないレクチンを多く摂ると体に悪い?

風邪気味の女性

レクチンとは、糖類と結合する性質を示すタンパク質の総称です。レクチンが含まれる食品は、ジャガイモやナス・トマトのほか、大豆や枝豆などの豆類、卵や乳製品などがあります。

体内の細胞を包む膜である細胞膜の表面には糖タンパク質や糖脂質がありますが、糖類と結合する性質を持つレクチンは、細胞膜の表面にある糖類と結びつくことによって細胞を活性化させる効果と、免疫機能を高める効果が見られます。

このように、身体にとって良い効果が見られるレクチンですが、自分の血液型と合わないレクチンを多く摂取した場合、消化・代謝・免疫に悪影響を及ぼすそうです。

逆に、自分の血液型と合うレクチンを摂取すると、血液の流れが良くなりやすいことから代謝が良くなりダイエットの効果が高まりやすいとされています。

また、血液型ダイエットでは、レクチンを含む食品を食べることも大切ですが、自分の血液型に合った食品を食べることが最も効果的です。

A型は野菜をメインに、B型は乳製品をメインに、O型は肉類のほか、緑黄色野菜もこまめに摂取、AB型は、サケやサバなどが最適です。

レクチンを多く含む食品を摂取しつつ、自分の血液型に合った食品を食べることがダイエットに効果的といえるでしょう。

ポリアミンを摂りすぎると太る?

体重計に乗ってショックそうな顔をする女性

ポリアミンとは、アミノ基が3つ以上結合した炭化水素の総称です。ポリアミンにはタンパク質を合成させる働きがあるほか、細胞分裂をうながす働きもあります。そのため、ポリアミンを摂取することで新陳代謝が活発になりやすいとされています。

ポリアミンは体内で合成される物質ですが、20歳前後をピークに合成される量が少なくなります。また、ポリアミンが減少することによって老化が進みやすくなるとされています。

加齢とともにポリアミンの量は少なくなる傾向にありますが、ポリアミンは食品からも摂取することができます。ポリアミンが多く含まれる食品としては、納豆や味噌など大豆を原料とした食品、マッシュルームやしいたけなどのキノコ類や貝類などがあります。

このポリアミンは、人を含め多くの生命体の細胞に存在し、私たちが普段口にする食べものにも含まれていて「代謝」の促進につながります。

このように、いいことずくめに見えるポリアミンですが、血液型ダイエットにおいてはポリアミンが過剰になると消化機能が衰えて、逆に体重が増えてしまうこともあります。特に、レクチンが増えることによってポリアミンも増加しやすくなるとされています。

レクチンを摂取すると、ポリアミンが増加する原因となりますが、自分の血液型に合った食品を摂取することで、ポリアミンの量も抑えることができるのです。

このことからも、自分の血液型に合った食品を食べることが大切だといえるでしょう。

デメリットってあるの?

顎に右人差し指をあてて斜め上を見て考えている女性

血液型ダイエットをやると代謝が上がって効率的に痩せやすくなるのでメリットが多そうですが、デメリットはあるのでしょうか。デメリットをあげるとすれば、家族で一緒にご飯を食べる時に特に困ってしまうということです。

血液型ダイエットに取り組みながら食事を行う上では、A型は野菜類をメインとして肉類は控えめに、B型は肉、魚、乳製品などまんべんなく取りつつ小麦類は控えめに、O型は、肉類を摂取しつつ炭水化物は控えめに、AB型は、魚介類や大豆製品をとりつつ肉類を控えめにすることが効果的と先ほども述べましたよね?

しかし、同じ家族とはいえ血液型はそれぞれ異なることが普通であり、家族全員が全て同じ血液型であることは、まれであると言えるでしょう。

親がどちらもO型の場合に限り、子供は親と同じく全てO型となるものの、それ以外の血液型の組み合わせとなる場合は夫婦間と親子間で血液型が異なることがほとんどです。特に、A型とB型を親に持つ場合、その子供は全ての血液型が生まれる可能性があるのです。

そのため、家族と食事をする時、自分一人だけ違う食事をすると食事作りが非効率となりますし、逆に家族の一人が血液型ダイエットを行うために、それに合わせるように家族も食事を合わせるのも不自然なことです。

血液型ダイエットを行うときは、自分の食事は自分で作る、または、一人暮らしをしたときに血液型ダイエットを行う、という方法で取り組んでみると良いでしょう。

A型に適した運動は?

A型のイラストイメージ

血液型ダイエットを行う上でA型に適した運動は、ヨガや早歩きのウォーキングなど気分的にリラックスできる運動です。

その理由はというと、A型はストレスがたまりやすい傾向にあるため、運動する時にはリラックスすることで日頃のストレスを解消することが大切だからです。

A型のルーツは農耕民族であるとされているということは、何回かお話させていただきました。日本人には農耕民族の気質の人が多いとされていますが、農耕民族の特徴は堅実な人が多いこと、また、変化をあまり好まない人が多いとされています。

そして、そのような特徴があることから協調性があり几帳面な人が多いんですね。協調性があり、几帳面であることは気配り上手につながりますが、常に気配りをしているとストレスはたまりやすくなるものです。

特に、ヨガがストレス解消に良い理由はヨガを行うことで深呼吸を行うためです。ゆっくりとしたペースで深い呼吸を行うことで心が落ちつきやすくなります。

そして、ヨガならではの身体の動きや、ヨガを行っている時の瞑想状態なども合わさることでより一層リラックスすることができるのです。A型は、気持ちをリラックスできる運動を取り入れることが効果的と言えますね。

B型に適した運動は?

B型のイラストイメージ

血液型ダイエットを行う上でB型に適した運動は、テニスや水泳などのややハードなスポーツや、ヨガなどのリラックスできる運動で、これらを組み合わせることが効果的です。

血液型ダイエットを考案したダダモ博士によると、B型のルーツは遊牧民族であること、また、A型の農耕民族気質とO型の狩猟民族の気質を兼ね合わせているとされています。

そのため、狩猟民族を気質とするO型に適したハードな運動と、農耕民族を気質とするA型に適したリラックスできる運動を組み合わせることが最適です。

そして、B型の特徴としては、マイペースな面を持ち合わせていることです。B型は凝り性なところがあり、一つのことにはまると、とことんまではまりやすくなることがあります。また、好き嫌いがはっきりしていることもB型の特徴です。

そのため、運動をするにしても、好きな運動はとことんまで楽しむものの、苦手な運動はあまり取り組もうとはしないのです。

その状態を解消するために、ややハードな運動とリラックスできる運動をバランス良く取り入れることが大切なのです。A型とO型の両面の性質を持ち合わせているB型は自分自身でその性質を理解し、あらゆる運動を自発的に取り入れることが大切です。

O型に適した運動は?

O型のイラストイメージ

血液型ダイエットを行う上でO型に適した運動は、ジョギングやサイクリング、水泳など、割とハードな運動です。その理由は、ダダモ博士によると、O型のルーツは狩猟民族であることが要因です。

狩猟民族がルーツのO型は、ほかの血液型と比べると肉類を分解する酵素が多いことが特徴です。そのため、肉食を好む人が多い傾向にあります。そして、肉類を消化するために効果的な運動と言えば、必然的にハードな運動となるのです。

また、O型は狩猟民族がルーツということもあり、身体を動かすことでリフレッシュの効果が高まりやすいとされています。ハードな運動は疲れがちですが、むしろ、ハードなくらいがO型には最適であると言えます。逆に、O型の場合、リラックスすることができるゆったりとスポーツはあまり向いているとは言えないんですね。

ハードな運動が最適なO型ですが、運動前に行う準備運動や運動が終わった後のクールダウンを忘れずに行いましょうね。準備運動を行うことで、怪我を予防することができますし、クールダウンを行うことで、激しい運動によって筋肉にたまった血液が心臓に戻りやすくなります。

そのため、筋肉にたまった疲労物質が取り除かれ、疲れが回復しやすくなるためです。怪我を防ぎつつ、ハードな運動でリフレッシュを図ることがO型には最適と言えるでしょう。

AB型に適した運動は?

AB型のイラストイメージ

血液型ダイエットを行う上でAB型に適した運動は、ヨガやハイキング、サイクリングなど、リラックスしながら行える運動です。

その理由は、AB型は免疫力が低めの傾向にあることから、ストレスに比較的弱い性質であるためです。そのため、ストレスを解消するためには、ヨガなどのリラックスした運動を行い、心を落ちつかせることが最適なのです。

また、AB型の特徴として、脂肪が下半身からつきやすい傾向があります。AB型はリラックスした運動が最適なのですが、時には有酸素運動を取り入れましょう。ただし、AB型に最適な運動は、競い合う運動よりも自分のペースで行える運動ですので、自分のペースで取り組むことができるハイキングやサイクリングなどの有酸素運動を取り入れると良いでしょう。

そのほか、AB型はB型のような活発な一面も持ち合わせているので、ハイキングやサイクリングを行う場合は、体調やその時の気分に応じて強度を変えながら取り組んでみるのも良いでしょう。

B型の場合は、ハードなスポーツにリラックスした運動を取り入れますが、AB型の場合は、B型とは逆に、リラックスした運動にハードなスポーツを取り入れる、というように、リラックスした運動をメインにしましょう。

まとめ

今回も長くなってしまいましたが、いかがでしたでしょうか?なにか思い当たることがあったのではないかと思います。

あの食べ物を食べたら太ってしまうとか、体調が悪くなってしまうことがあったりすると思います。そういうのって、もしかしたら血液型に合わないものを食べていたかも知れません。

ただこれは私の見解になりますが、血液型ダイエットに関してはお気軽な気持ちで取り組むのがいいかなぁと思います。あ、そういえば、この食べ物は私に合わなかったんだ~ぐらいの気持ちで。

ダダモ博士を否定するわけではないのですが、食べ物に関してはバランスが一番大事だと思います。もちろん、人それぞれ合う合わないはありますが、あまり食べ物に縛られるのはなんだか疲れます(;^ω^)

さらに詳しいことは、ダダモ博士の血液型ダイエットの本を購入されることをおすすめします。小さい本ですが、文字がめっちゃ多いので読むのが疲れるとは思いますが勉強にはなります。

それでは今回は以上になります。ここまでご覧いただきありがとうございました。

シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ