食べてきれいに痩せる!食べてないのに痩せない3つの原因

ダイエットといえば、あなたならまずなにを想像し実行しようとしますか?

そうですね、食べ物をできるだけ控えることをするかと思います。

でもそれって、ものすごく辛いですし続かないですよね?

こんな経験があると思います。

「あんまり食べないようにしてるのになんで体重増えてんのよ!!あったまくんなぁ!」

っていうことありますよね?(私です笑)

最初の数日間は体重が落ちるけど、ある日を境に減らなくなり停滞期に入ってしまいます。

これはまたあとで詳しく解説させていただきますが、結論をいうと「減量したいのであれば食べること」です。

食べないダイエットは、ストレスが溜まってイライラしますし痩せたとしても美容や健康にもあまりよくありません。

健康やアンチエイジングを意識したダイエットをするならしっかり食べることです。

過度な食事制限は、リバウンドしやすい体質になりますので結果的にダイエット失敗になってしまいます。

それではですね、今回はどうして食べないことが痩せるどころかすぐにリバウンドにつながるかをお話していきたいと思います。

食べないダイエットが痩せない&リバウンドする3つの理由

実はですね、食べないことで痩せないのとリバウンドしてしまうのには3つあるんですね。

そのことについて、分かりやすく解説していきたいと思います。


身体が飢餓状態になる


食べないダイエットをしていると、栄養不足が続き身体が「飢餓状態」になります。

どういうことなのかというと、人間は毎日の生活においてエネルギーを必要としています。

通常は、糖質である「グリコーゲン」からエネルギーを生成しています。

このグリコーゲンっていうのは、ブドウ糖が結合した多糖類で肝臓と筋肉で貯蔵されます。

で、これが大事なんですが「炭水化物を」や「タンパク質」を抜いてしまうと、痩せやすく引き締まった身体を作る大きな要因でもある筋肉が減ってしまいます。

食べないダイエットを行っていると体の外からエネルギーが入ってこないためグリコーゲンが不足してきます。

すると、脂肪からエネルギーを生成してなんとか対応するのですが、脂肪も不足してくると筋肉からエネルギーを生成するようになります。

筋肉からエネルギーを生成するのは最終手段なんですね。


  1. 食べないことで糖質が不足
  2. 糖質の代わりに脂肪が生成される
  3. 脂肪が不足すると筋肉を分解してしまう
  4. 飢餓状態
  5. 太りやすい体質になる

この状態が食べないダイエットでよく聞く「飢餓状態」です。

この状態になってしまうと私たちの身体は、なんとかして少しの栄養でも身体を正常にしようと働き出します。

その方法は、栄養分の吸収力を高めて脂肪をため込みやすくすることや、食欲をアップさせることです。

体は飢餓状態になることで、あらゆる方法で体に栄養分を行き渡らせようとするのです。

少量しか食べていないのに体重が増えるってこれが原因なんですね。

飢餓状態を防ぐためには、炭水化物(糖質)や脂質が不足しないようにすることが大切です。

また、食べないダイエットは恐ろしいことに老化の原因にもなります。

適度な量を食べていれば体の中で「代謝」が促されます。

代謝が機能していれば、体内の老廃物が体の外へ排出されるため健康な状態が保たれますが、代謝が機能しないと老廃物が体内にとどこおりがちとなるので老化の原因となってしまうんですね。

食べずに痩せようとするよりも、適度に食べて適度に体を動かすことが美容や健康、もちろんダイエットにもっとも効果的ですので結果的にちょうど良い体型を維持することができるのです。

ダイエットをしようと思って食事の量を減らし、反動で食べ過ぎてしまうよりは普段からの量を小分けにして空腹になる前に食べることがリバウンド知らずの体質になる大きな1つの要因となります。


基礎代謝が落ちるから


少ししか食べていないのに「なんでこんなにも体重が増えているの?」っていうことありますよね。

それは単純で、人間の身体のメカニズムによるものなんですね。

食べないことで栄養不足になり、代謝の低下につながるということになってしまうんですよ。

食べなきゃやせるだろう、という発想が残念ながら全くの逆だったんですね。

私たちが食事をして体内で栄養素が分解される代謝には、「基礎代謝」「活動代謝」「食事誘発性熱産生(DIT)」の3つがあります。

基礎代謝とは、なにもしていなくても(1日中寝ていても)消費されるエネルギーのことで、呼吸や内臓、体温の調整などの生命維持のために消費されます。

活動代謝とは、仕事やスポーツとか運動など、身体を動かすときに消費されるエネルギーのことです。

食事誘発性熱産生(DIT)とは、食事をしたときに体内で栄養素が分解されたときに消化器官が活動します。

その際に、消化をするためにエネルギーが消費されて体から熱を出します。

あなたも経験があると思いますが、食べ物を食べたときになんだか身体が熱くなって汗が出ることってありますよね?

それが、食事誘発性熱産生という反応が体内で起こっているんです。

で、1日の消費エネルギーの比率は、【基礎代謝=70%】 【活動代謝=20%】 【食事誘発性熱産生=10%】になります。

基礎代謝が落ちる原因は加齢にもよりますが、特徴としては、


  • 低体温である
  • 身体がむくみやすい
  • 疲れやすい
  • 生理不順である
  • 冷え性である
  • 風邪をひきやすい
  • 関節痛がひどい

などなど、身体によろしくないことばかりです。

というか、ほとんどの人がこれにあてはまるのではないでしょうか?

これらを防ぐには、極端な食事制限を防ぐことと適度な運動が大事になります。

ダイエットをすると、脂肪燃焼させると同時に筋肉も減少するのである程度の筋トレも必要になってきます。

基礎代謝の上げ方につきましては、また別記事でお話しさせていただきます。


身体が省エネモードになってしまったから


食事制限ダイエットは、最初の数日間は効果があると思うんですね。

でもですね、人体というのは不思議で身体が省エネモード」になり少ないエネルギーでもまかなえるようになっちゃうんですよ。

これが食べてないのに痩せない原因の1つなんですね。

これは皆さん結構陥ってしまうパターンで、この節約モードになっても分からないんですよね。

ん・・・?体重が減ってないっていうか、増えてる?!って感じでようやく気づくと思います。

摂取カロリーを極力抑えてるのになんで?

これがですね、いわゆる「ホメオスタシス」というやつで、生命の危機になると体内で勝手に働いてしまいます。

山で遭難した時とかだったら、人体って素晴らしいと思うんですよ。

身体が生命の危機を感じて、チョコバー1個とかで最大限に吸収し最小限のカロリーで何日分ものエネルギーを蓄えようとしてくれますから。

でも、ダイエットの場合は厄介以外ありませんよね?

この解決法は、バランスの良い食事と適度な運動になります。

で、あとは1日の消費カロリーの約70%を担っている基礎代謝を上げる工夫をすれば、自然とキレイに痩せていくことでしょう。


食べてないのに痩せない3つの原因のまとめ


ここまで見ていただいた方には、どうすればきれいに減量できるかを分かっていただけたと思います。

過度な食事制限をすると、リバウンドや代謝が落ちる原因になってしまうので身体はあなたの意を反しますます痩せにくくなり、逆に太りやすくなってしまいます。

そればかりか、冷え性や不妊症になってしまったり老化の原因になるので食事はきちんとバランスよくとることだといえます。

そこで気をつけなければいけないのが、1回に食べる量と食べる時間です。

分かりやすくいうと、早食いドカ食いは絶対やめること。

炭水化物、タンパク質は摂りすぎは禁物ですが抜かないこと。

食事制限だけのダイエットは、筋肉量低下になりリバウンドの原因にもなるので適度な運動はすること。

あとは、いつも体重計を計っていると思いますが、体重を見るよりも「基礎代謝」を毎日チェックしましょう。

基礎代謝を上げると病気になりにくいですし、痩せやすくもなります。

最近の体重計は、体組成計といって「体脂肪率」「内臓脂肪レベル」「皮下脂肪率」「基礎代謝」「骨格筋率」「BMI」などが見れるものが多くあります。

それでは長くなりましたが、【食べてきれいに痩せる!食べてないのに痩せない3つの原因】を終わりにさせていただきます。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


あなたの応援で明日も記事を書く励みになります。

本日もランキングの応援クリックありがとうございました。


人気ブログランキングへ

シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ