脂肪と糖の吸収を抑えるチョコ!リベラは大人女子の強い味方!

ダイエット中なんだけど、あまくておいしいチョコレートを食べたいわ~ってことってありますよね?えっ!いつも食べたいと思っているって・・・(笑)

そうですよね、おいしいですもんねチョコ(´ρ`)でも、気になっちゃいますよねカロリー・・・今回紹介するチョコレートは、脂肪と糖の吸収を抑える食物繊維である「難消化デキストリン」を加えたものなので、ダイエットしているあなたでも気にしなくて大丈夫ですよ。

その名も『LIBERA(リベラ)』というサイコロみたいにかわいいチョコです。太りにくいチョコのイメージは、なんだか苦そうに思えますがどうなんだろう?




リベラはなんで脂肪と糖の吸収を抑えるの?

グリコから販売されている脂肪と糖の吸収を抑える機能性表示食品チョコレートLIBERA(リベラ)

なんで、リベラには脂肪と糖の吸収をおさえるのかというと難消化デキストリン」という食物繊維が脂肪や糖の吸収を邪魔してくれるからなんですね。

難消化デキストリンは、とうもろこしのデンプンから作られた水溶性の食物繊維です。ですので、聞いたことない名前だけど安全なの?危険性はないのって思うかも知れませんが、特定保健用食品(トクホ)やなどの健康食品でも使われているので安全性は証明されています。

LIBERA(リベラ)を食べてみた

LIBERA(リベラ)を手のひらの上に乗せている

見てくださいよ~サイコロみたくかわいくないですか~?匂いはどうだろう(クンクン)・・・ん~普通のチョコのあま~い匂いがしますよ~。

それでは食べてみますね、パクパク・・・ん!?んんんんあまーーーい(*´▽`*)脂肪と糖がたっぷりの普通のチョコレートとなんら変わりませんよ~めっちゃ甘くておいしいですぅ。

口に入れて噛んだ瞬間にミルクの甘くて優しい味がめっちゃ癒されるんですよ(*´▽`*)リベラはミルクチョコなのですが、ミルクの優しくてまろやかな味が疲れをどっかにやってくれますね。

チョコだけしか癒してくれないなんて悲しいですが(笑)

LIBERA(リベラ)の原材料名

LIBERA(リベラ)の原材料になります。

LIBERA(リベラ)の原材料名

LIBERA(リベラ)の栄養成分

LIBERA(リベラ)の栄養成分になります。

LIBERA(リベラ)の栄養成分表示

LIBERA(リベラ)のWEB限定動画

カレシはリキシという、LIBERA(リベラ)のWEB限定の動画になります。気は優しくて力持ちの心の優しい姿を見て、女の子がキュンとなって好きになってしまう物語です^^

(※動画を再生すると音声が流れます)

まとめ

普通のチョコには脂肪や糖がたくさん入ってますが、LIBERAには砂糖が入ってますが難消化デキストリンが加わってるのいるのでチョコの甘さはそのままで吸収しにくくなってます。

10代のころはチョコの1つや2つ食べても太らなかったのに、30前くらいになるとどんどん代謝が落ちてちょっと甘いものを食べただけで次の日体重を計ると、え!なんで!?って思うくらい増えてたりお腹が出てたりしますよね。

チョコを食べたくても体型が気になって、コンビニの買い物でも買えないことってあったと思います。そんな悩みを解消してくれるのがLIBERAです。

食べたいのにチョコを食べたあとの罪悪感に悩まされないようなチョコを開発してくださったのが、グリコのチョコレートマーケティング部の「佐野有香さん」と商品開発研究所 チョコレートグループ グループ長の「山崎祥史さん」です。

佐野さんは、「糖や脂肪が気になる女性のためにおいしいチョコレートを作ろう」という思いで山崎さんと共同で2年という月日を費やしたそうです。

甘くておいしいけど、脂肪と糖を気にしなくていい夢のようなチョコレートがあったらいいな~って思ったことがありませんか。それを実現してくれるのがLIBERAなんですよ。

いつもは辛口なレビューや感想を言ったりしてしまう私ですが、このチョコに関しては大変満足しています。このチョコなら、食べてしまったあとの罪悪感に浸ってしまわずにすみます。

こんなにすばらしい商品を作ってくださってありがとうを言いたいですね。本日は以上になります。ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ