私なんだか臭ってる!?ダイエット臭の原因と予防策とは?

ダイエットして順調に体重も落ちてきたのに、旦那から最近なんかお前クサいぞっていうショックの一言(泣)実は、ダイエットのやり方を間違ってしまうと誰にでも起こり得ることなんです。

それでは今回は、ダイエットで痩せてきてからの体臭についての原因、予防策などをまとめてみましたので参考にしていただければと思います。




ダイエット臭って何?

エクササイズで笑顔で汗を拭く若い女性

「スリムになりたい!」という気持ちでダイエットに取り組み続けていると、「ダイエット臭」というにおいが出てしまうことがあるみたいです。スリムになることを目指して、一生懸命ダイエットしているのに、臭いが出てしまうなんて、なんだかイヤな感じですよね。ダイエット臭って、いったいどんなものなの?

ダイエット臭とは、簡単に言えば無理なダイエットをすることによって生じてしまう臭いのことです。無理なダイエットとは、食事を制限しすぎるダイエットのことです。

食事を制限すれば痩せることはできますが、身体にとって必要な栄養素が不足してしまうので代謝がうまくいかなくなってしまいます。代謝とは、食事で体内に取り入れた栄養素を身体のすみずみまで送ったり、体内で不要になった老廃物を排出したりする働きのことです。

代謝がうまくいかないと、必要なところに栄養が届かないだけでなく老廃物がたまりがちになってしまいます。この老廃物が引き金となって、においの原因物質をつくってしまうんです。ダイエット臭はイヤなにおいが特徴ですが、無理なダイエットをしているサインとも言えるんです。

どんなにおいなの?

左手で鼻をつまむ若い女性

それでは、ダイエット臭っていったいどんなにおいなんでしょうか。自分のにおいって、自分では気がつかないことがあるから、ダイエット臭がどんなにおいがするのか、前もって知っておきたいですね。

ダイエット臭は、一言でまとめるなら「アンモニアのような酸っぱいにおい」なんです。中には、酸っぱいヨーグルトのようなにおいに感じる人もいるようですよ。

酸っぱいようなにおいが特に感じられるときは、汗をかいたときです。特に、夏になると毎日のように暑くて、汗をたくさんかいてしまいますが、汗にダイエット臭が含まれると「汗くさいな」と感じることがあります。

また、ダイエット臭は汗くささとして感じられるだけではなくて、口臭として感じられることがあります。口臭は、自分ではなかなか気づきにくいのがつらいところですよね。

そして、ダイエット臭がさらにひどくなると汗をかいたときや口臭だけでなく、特に何もしていなくても、身体の全体からダイエット臭が出てしまうこともあるんです!

痩せたい!と思ってダイエットをしているときほど、知らず知らずのうちにダイエット臭が出てしまうのは本当につらいですよね。

自覚はあるの?

脇の臭いに鼻をつまむ女性

ダイエットをしているときほど、知らず知らずのうちに出てしまうダイエット臭ですが、ダイエット臭って自覚はあるんでしょうか?

ダイエット臭は、基本的には自覚がないことがほとんどです。ダイエット臭に限らず、自分のにおいは、自分ではなかなか気がつかないことが多いです。なぜなら、鼻でにおいを感じる場合、長い間同じにおいを感じていると、徐々に鼻が慣れてきてにおいを感じにくくなるからです。

また、特に自覚しにくいにおいに口臭があります。ダイエット臭は、口臭としても現れることがありますが、口臭は、自分ではなかなか気がつかないことが多いですよね。

そのほか、ダイエット臭は汗くささとして感じることがありますが、多少の汗くささであればダイエット臭っていうのは意外と自覚しにくいんです。

でも、汗をかいたときに甘酸っぱいようなアンモニアのようなにおいを自覚することがあります。そのようなにおいがダイエット臭です。ダイエット臭は、身体にとって適切とは言えない無理なダイエットをしているサインなんです。

ダイエットも健康にとって大切なことですが、身体に無理をかけすぎないようにして下さいね。

なかなか治らない原因は何なの?

水の入ったコップを持つ女性

痩せたい!という気持ちで、普段よりも食事を減らしながらダイエットに取り組んでいるのに、知らず知らずのうちにダイエット臭がしてしまうなんて、とてもイヤですよね。なんとかしてダイエット臭を治したいんだけれど、ダイエットをしている限りはなかなか治らないみたい・・・。

その理由は、無理なダイエットをしているためなんです。無理なダイエットをしているほど、体内の栄養が不足して、体内の代謝が思うように進まず、老廃物がたまりやすい状態になってしまっているからです。

においの原因となる老廃物とは、血液中に増えて過剰になった脂肪酸です。脂肪酸が増えただけであれば、きついにおいになることはほとんどありません。ですが、血液中の脂肪酸がさらに増えてしまうと、きついにおいの原因となる物質が生み出されてしまうんです。きついにおいの原因とは「ケトン体」です。

つまり、ケトン体の増えすぎが、ダイエット臭になってしまうんです。なかなかダイエット臭が治らないのは、身体の栄養が不足しすぎていることが原因なんです。

ダイエット臭の予防策は?

アルカリ豊富な酸っぱい梅干し

それでは、ダイエット臭を予防するにはどうすればいいんでしょうか?

ダイエット臭は、代謝が低下していることが原因なので、代謝を高めることで予防しやすくなります。代謝アップの方法としては、こまめに身体を動かすこと、そしてアルカリ食品を食べることです。

こまめに身体を動かすこととは、例えば、家の中をこまめに掃除することや、整理整頓があります。毎日の生活で、身体を動かすことも大切ですよ。そして、歩くときは、少し速く歩くことを心がけてみましょう。汗ばむくらいに動くくらいがちょうどいいですよ。

こまめに身体を動かすことで、血行が良くなりやすいので、代謝が改善しやすくなるんです。また、代謝は体液が弱アルカリ性のときに活発になりやすいので、アルカリ食品を摂取するのも効果的です。

アルカリ食品としては、野菜や果物、豆類があります。ただし、栄養がかたよると身体に必要な栄養素が不足しがちになってしまうので、炭水化物やタンパク質を含んだ食品も適度に食べるようにしましょう。

代謝が改善すれば、ケトン体の原因になる脂肪酸が身体にたまりにくくなるので、ダイエット臭が改善しやすくなるんです。

ダイエット臭のまとめ

ダイエット臭って、身体にとって不自然な形でダイエットをしているからこそ出てしまうにおいなんですね。簡単にできるダイエットの方法としては、食事制限が思いつきますが、食事制限だけでは必要な栄養素が不足してしまって逆に身体に負担をかけてしまうことになってしまうんです。

ダイエットをするなら、食事制限だけではなく身体を動かすことも心がけたいですね。身体を動かすと言っても、スポーツのような激しい運動だけではなく、歩く距離を長くしたり、自転車に乗ったりして身体を動かすことも効果的です。代謝をアップさせることでダイエット臭を防いでいきたいですね。

シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ